2020年 10月 31日 (土)

「国民のおもちゃ、新発売」「ちょっとエッチな...」 80年代アイドルのキャッチフレーズ、令和の視聴者に衝撃与える

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   俳優の賀来賢人さんらが2020年7月19日、テレビ番組「人気俳優が絶対に間違えられないクイズ~今日から俺は!!80年代編~」(日本テレビ系)に出演し、1980年代のアイドル文化についてのクイズに挑戦した。

   その際に披露された人気アイドルたちの"キャッチフレーズ"がSNSで話題を呼んでいる。

  • 現代のセンスとはかなりの差が…(イメージ)
    現代のセンスとはかなりの差が…(イメージ)
  • 現代のセンスとはかなりの差が…(イメージ)

80年代の文化を根掘り葉掘り

   本番組は、同局ドラマ「今日から俺は!!」の出演者が1980年代の「ヤンキー」や「アイドルブーム」といった知識をクイズ形式で振り返るというもの。賀来さんのほかにも伊藤健太郎さん、清野菜名さん、仲野太賀さんが出演した。

   「今日から俺は!!」の舞台でもある80年代をテーマに「80年代の主婦たちがダイエットのために飲んでいた飲み物とは?」「80年代の大ヒット映画『私をスキーに連れてって』で使われ大ブームになったあるものとは?」など当時を知らない人には少々難しい問題に賀来さんはタジタジ。ツイッターでも「え...全然知らない」「無線が流行ったんだ」と驚く若者たちの姿が見受けられた。

   中でも彼らを驚かせたのは、80年代に活躍したアイドルたちのキャッチフレーズだ。

「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」

   「国民のおもちゃ、新発売」と謳われた山瀬まみさん、今でもバラエティ番組などで耳にする「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」井森美幸さん、一方で「ひろ子と言う字 何度ノートに書いたっけ」とお洒落な雰囲気を醸し出す薬師丸ひろ子さんなど個性的なフレーズで売り出すのが当たり前だった時代の中、中森明菜さんのキャッチフレーズが「ちょっとエッチなミルキーっこ」だと明かされると、スタジオは「飴?どういうことですか?」という話題で持ちきりとなった。

   この「ミルキー」は「美しいルーキー」を省略したもので、当時「美新人」という当て字が使われていたという。

   現在では考えられない単語の連発にツイッターからは「美人なルーキーな娘でミルキーっ子ってすごいな」「私も飴かと思った」といった困惑の声が多数寄せられたほか、「(キャッチフレーズ自体は)知ってはいたが意味は知らなかった」と驚く視聴者も。80年代を代表するといっても過言ではなく、「曲は知ってる」という若者も多い中森さんだが、キャッチフレーズまでは知れ渡っていなかったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中