2020年 10月 20日 (火)

「理想の上司」の常連、城島茂社長率いる「株式会社TOKIO」 地域振興ベンチャーとして高まる期待

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   芸能事務所「ジャニーズ事務所」のグループ会社として、城島茂さん(49)を社長とする「株式会社TOKIO」が設立されると発表された。

   母体となるのは、アイドルグループの「TOKIO」だ。長瀬智也さん(41)のジャニーズ退所に伴い、2021年4月1日から本格始動する同社。副社長には国分太一さん(45)、松岡昌宏さん(43)が就任する。各メンバーは「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)などで、多彩な活動をしていることから、その「経営手腕」に期待の声が出ている。

  • 城島リーダーから「社長」に
    城島リーダーから「社長」に
  • 城島リーダーから「社長」に

「新卒採用あります?」

   「鉄腕DASH」では、2018年に脱退した山口達也さん(48)とともに、イチから農業に取り組んだ「DASH村」や、無人島を舞台にした「DASH島」などで発揮される、TOKIOメンバーの「開拓精神」に定評がある。DASH村のある福島県とのつながりも強く、東日本大震災後も、県産品のプロモーションCMなどで協力を続けている。

   長瀬さんの退所と新会社設立が発表された20年7月22日夜、スポーツ紙や週刊誌など一部報道陣の取材に「株式会社TOKIO」の3人が応じた。その報道によると、国分さんは企画、松岡さんは広報を担当。福島県産の木からの「名刺」づくりや、他社との協業によるスマートフォン用のゲーム開発やイベント事業などに意欲を示したという。

   報道によると、タレントが増える予定はなく、社員数名の採用構想はあるとしている。しかしツイッターでは、「狭き門」ながら、

「株式会社TOKIOの新卒採用あります?」
「株式会社TOKIOで雇ってもらうにはどうしたらいいのかな?」
「株式会社TOKIO食育やるとか栄養士である私行くしかなくない?採用してくれるかな」

といった、株式会社TOKIOへの就職を希望する声で溢れている。

城島社長は「理想の上司」の常連

   現時点で報じられている会社概要は、芸能事務所というよりも、「街づくり」を中心としたベンチャー企業だ。農業や漁業、土木まで広い見識のあるTOKIOメンバー3人を「触媒」として、異業種によるコラボレーションを展開することは、さほど難しくないだろう。ツイッターには、こんな就職希望の声もある。

「株式会社TOKIOが学生の頃からしたいと思った事をコンセプトにしてるから、わりと本気で就職したい」

   日本を代表する芸能事務所であるジャニーズの人材を使いつつ、CM出演している有名企業のノウハウも活用できれば、よりその地盤は強くなる。たとえば、国分さんがCMキャラクターを務めるジャパネットたかた(ジャパネットホールディングス)は、通販事業に加えて、サッカー「V・ファーレン長崎」などを通じた地域創成事業を手がけている。

   加えて、経営者としての城島さんの「人望」も厚い。20年1月に発表された、明治安田生命の「理想の上司」俳優・歌手男性部門で、城島さんは8位(4.7%)にランクインしている。16〜18年度の3位、19年度の4位からは順位が下がったが、依然として支持されている。これらの状況を鑑みると、近い将来「就職したい企業ランキング」の上位に食い込む日がくるかもしれない。

(J-CASTニュース編集部 城戸譲)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中