2020年 8月 8日 (土)

学習塾「ウィズコロナ」夏期講習の現場 休み短縮&3密回避でコマ数足りない!→取った対応は...?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2020年7月下旬、日本各地では終業式が行われ、多くの学校が夏休みに入った。しかし、それは同時に「ウィズコロナの夏休み」の始まりでもあった。

   報道によれば、一斉休校の遅れを取り戻すべく夏休みの短縮を行う教育委員会は、全国の95%に達するという。また、夏休み中にも授業日を設ける公立学校が全国で相次いでいることも報じられた。

  • 夏休みが始まる中、夏季講習に異変が!?(写真はイメージ)
    夏休みが始まる中、夏季講習に異変が!?(写真はイメージ)
  • 夏休みが始まる中、夏季講習に異変が!?(写真はイメージ)

夏休みは大幅短縮、結果、影響は塾・予備校業界に波及

   これら、コロナの爪痕がこれでもかと残る2020年の夏休みに対しては、ネット上で「夏休み短い。さみしい。つらい。かなしい」といったツイートが目立つなど、その短さを悲しむ声が続々と上がっているが、その一方で、「夏休み短いのに夏期講習ぎっしり詰まってんの辛いよな」と夏期講習に言及する声も上がっている。

   夏期講習といえば、例年であれば塾・予備校業界の書き入れ時。しかし、2020年はコロナの影響を受けているところも少なくなく、予備校によっては大手であるにもかかわらず、夏期講習のアナウンスがいまだウェブサイト上に表示されていないところもあるほどだ。一方で、前述の声のような過密な夏期講習を嘆く声も上がっており、大手、中小を問わず各社の対応は割れている状況だ。

   そこで、J-CASTニュース編集部は、首都圏の個人指導をメインとする小規模な学習塾で講師を務める、30代男性に取材を実施。業界の裏話も含め、コロナの流行でもたらされた塾・予備校の通常授業の変化、そして夏期講習の実施状況について話を聞いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中