2020年 9月 19日 (土)

鳩山由紀夫氏「友愛」論に乙武氏「お花畑なのではないかと...」 禁断の質問に元首相が「さすが」の答え!

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   作家の乙武洋匡氏が、かつて民主党政権で首相を務めた鳩山由紀夫氏との対談動画を自身YouTubeチャンネル「乙武洋匡の情熱教室」で2020年7月28日に公開した。

   鳩山氏が理想に掲げる「友愛」を通じた外交について、乙武氏は「綺麗事であり、お花畑なのではないかと批判される方が非常に多いと思う」と指摘した。これに鳩山氏が返した言葉は...

  • 乙武氏の「お花畑」指摘に鳩山氏が返した言葉は…(画像は「乙武洋匡の情熱教室」より)
    乙武氏の「お花畑」指摘に鳩山氏が返した言葉は…(画像は「乙武洋匡の情熱教室」より)
  • 乙武氏の「お花畑」指摘に鳩山氏が返した言葉は…(画像は「乙武洋匡の情熱教室」より)

19年は「中国に24〜25回参りました」「韓国にも10回行った」

   鳩山氏は活動名の「鳩山友紀夫」名義で登場。「オファーを出しておきながら(出演してくれたことに)びっくりしている」と話す乙武氏に対し、鳩山氏は、

「去年は中国に24〜25回参りました。韓国にも10回行ったりして、合計40回くらい海外に行った」

   としつつ、新型コロナウイルスの影響で「今年はそれがなくなりまして」と事情を説明。その上で「自分自身をリフレッシュというか、学ばせていただきたいと思った」と出演理由を語った。

   動画では日本の教育論や政治について、鳩山氏と乙武氏が語り合っている。批判の多い日本の「ゆとり教育」が話題にのぼると、かつて小学校教員を務めていた乙武さんは「あれをより効果のあるものにするには、もう少し現場の教員自体にゆとりがないと(いけなかった)」と指摘。鳩山氏も「教員に時間がないんですよね」と教員が抱える苦悩に同情した。

   「安倍一強」となっている日本の政治体制についても、議論がなされた。乙武氏が「今の政治状況をどんな風にご覧になっていますか」と鳩山氏に問うと、鳩山氏は「率直に申し上げて、今の状況、非常に残念に思います」と答えた。続けて、

「その原因を作ったのは私にも責任があるなと。民主党に対する期待感をいただいていたのに、それに十分に応えられないで、しかも民主党がああいう状況になってしまった」

   と、09〜10年に民主党政権で首相を務めた自身の責任について振り返った。

「お花畑も必要だと思うんですよね」

   動画の後半では、鳩山氏が信条とする「友愛」の考え方について、乙武氏が「どういう事を体現しようとされてきたのか」と尋ねた。これに対し鳩山氏は「他の方々との間で共に生きるという共生の世の中を作っていこう、それを『友愛』と呼ばせていただいて、特にこの東アジアにおける友愛の社会を共同体という形で作っていこうじゃないか、そして戦争のない日本や世界に導いていこうじゃないかという発想なんです」と語った。

   鳩山氏の「友愛論」に対し、乙武氏は「友愛の理念をもとに日本の内政を進めていくことに関しては異論を唱える方は少ないと思う」と語る。しかし、外交や安全保障面で「友愛」の考え方が通じるかについては疑問の声が聞かれているとし、「綺麗事であり、お花畑なのではないかと批判される方が非常に多いと思う」と指摘した。

   これに対し鳩山氏は「お花畑も必要だと思うんですよね」と反論。続けて、「朝鮮総連の議長さんにお会いした時にも『北朝鮮は日本を敵なんか思っていませんよ』(と言われた)。そりゃそうなんですよね。日本を敵と思う必要は全然ないんですよ。でも、もし北朝鮮とアメリカが戦争みたいなことになった時には、どう考えても日本の米軍基地を狙うしかありませんからね」と発言した。

   その上で、東アジア諸国との関係性について「もっと信頼関係を持つような、お互いの2国間関係を作り上げていけば、決して軍事的なものに頼る必要がない」とし、「(東アジア諸国との間で)『万が一』の状況を減らすような外交努力を行うことが必要。その理念が『友愛』だと私は思う」と主張した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中