2020年 8月 12日 (水)

石原慎太郎氏、ALS「業病」発言に異論続出 取材依頼も...関係者通じ「丁重にお断りしたい」

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   元東京都知事で作家の石原慎太郎さん(87)が、嘱託殺人の疑いで逮捕された医師2人をツイッターで擁護して、論議になっている。

   2人の行為を「武士道」になぞらえた投稿には異論も多いが、石原さんは、その後は沈黙したままだ。石原さん側に取材しようとしたが、関係者を通じて「丁重にお断りしたい」との連絡が来た。

  • 石原慎太郎さんのツイートが論議に
    石原慎太郎さんのツイートが論議に
  • 石原慎太郎さんのツイートが論議に

ALS患者らは「『死ぬ権利』よりも『生きる権利』を」と訴えたが...

   この事件では、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)で在宅介護を受けていた京都市内の女性(当時51歳)が2019年11月に亡くなったことについて、京都府警は20年7月23日、女性から依頼を受けて薬物を投与し殺害したとして、仙台市内などの医師2人を逮捕し、経緯を調べている。

   各メディアの報道によると、医師らは、SNSを通じて女性と知り合った。女性は、「死ぬ権利」をネット上で訴え安楽死を望んでいたといい、同様な投稿をしていた医師らに依頼したとみられている。事件の直前には、医師の口座に女性から130万円が振り込まれていたといい、医療行為ではなく報酬目当てだったとも府警は見ているという。

   医師らが主治医ではなく、女性の症状が安定しており死期が迫っていなかったとして、府警は、女性は安楽死ではないとの見方を示したとの報道もあった。女性は、病を克服して生きたいという意思も示していたといい、気持ちが揺れていた面もあったらしい。

   ALS患者や家族らでつくる日本ALS協会は27日、「医療倫理に背く行為であり、二度とあってはならない」などと医師らを批判し、ALS患者でもあるれいわ新選組の舩後靖彦参院議員は23日、「『死ぬ権利』よりも『生きる権利』を守る社会にしていくことが、何よりも大切」だとする見解を出した。

   ところが、石原慎太郎さんは27日、容疑者の医師らを擁護する内容をツイッターに投稿した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中