2020年 11月 28日 (土)

巨人元コーチが分析するセ・リーグ展望 首位追撃の一番手は「DeNA」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   プロ野球の巨人が首位を快走している。2020年7月29日の時点で貯金を「10」とし、2位ヤクルトに3.5ゲーム差をつけている。リーグ連覇、日本一の座を目指す巨人はこのまま突っ走るのか。巨人を止めるのはどの球団か。J-CASTニュース編集部は、巨人の元戦略コーチで楽天ではヘッドコーチを務めた橋上秀樹氏(54)に分析してもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「数字から見れば、借金を背負うチームではない」

   橋上氏が巨人の対抗馬として挙げるのはアレックス・ラミレス監督(45)率いるDeNAだ。DeNAは7月29日時点で借金「1」で、首位・巨人とのゲーム差は5.5ゲームとなっている。開幕当初は上位をキープしていたものの7月15日から6連敗を喫し、借金生活に突入した。

「開幕前からDeNAを高く評価していました。今は4位にいますが、状態がもう少し整ってくれば追撃の一番手であることは間違いないと思います。チーム防御率にしてもチーム打率にしても決して悪くない。現状、投打がかみ合っていない状態。数字から見れば、借金を背負うチームではないと思います」(橋上氏)

   DeNAは今シーズン、守護神・山崎康晃投手が不調で、ラミレス監督は7月29日の巨人戦の7回に山崎をセットアッパーとして起用。山崎は重信慎之介外野手(27)に内野安打を許したものの、この回を無失点に抑えた。橋上氏は「山崎投手の不安定さはマイナス要因ではあるが、今回の早めの配置転換は良い決断だったと思います。山崎投手自身、復調のきっかけをつかめるかもしれない」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中