2020年 12月 5日 (土)

コロナ禍、テレワーク進展も直撃で... 株価低迷するコニカミノルタの苦悩

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   事務機大手、コニカミノルタの苦戦が続く。 もともと社会が「ペーパーレス」に向かう最中、新型コロナウイルスの感染拡大で、テレワークが定着しつつあることによる業績への逆風を懸念する見方が強まっているためだ。

  • 投資家の視線は厳しい(イメージ)
    投資家の視線は厳しい(イメージ)
  • 投資家の視線は厳しい(イメージ)

課題は当人が一番よくわかってるが

   7月10日の東京株式市場でコニカミノルタの株価は前日終値比2.2%(8円)安の358円まで下落した。7月最終週に入っても流れは変わらず、後述する2020年4~6月期の決算が発表された30日は309円とさらに下落。5年2か月前につけた高値1652円の5分の1以下の水準に陥っている。

   もちろん人に言われずともコニカミノルタ自身、ペーパーレス化が進むことへの危機感を持っており、事業の多角化を急いでいる。特に投資を重ねる新規事業は超音波診断装置などの「ヘルスケア」事業で、新たな樹脂フィルムなどの「産業用材料・機器」にも力を入れている。ただ、売上高の過半を稼ぐ主力の事務機関連の「オフィス」事業には遠く及ばない。

   また、海外売上高が約8割という点もコニカミノルタにとって逆風度を強めている。ビジネス機械・情報システム産業協会がまとめた2020年1~3月期の複写機・複合機の世界出荷実績によると、台数は前年同期比20.5%減の88万6826台で、このうち海外が22.2%減の74万2559台、国内が10.8%減の14万4267台と、海外の方が減少幅が大きい。ロックダウン(都市封鎖)など日本より厳しい措置をとった国が多いためとみられ、そうした傾向は今後も続くだろう。

   少し前になるが、コニカミノルタが5月26日に発表した2020年3月期連結決算(国際会計基準)は、最終損益が30億円の赤字(前期は417億円の黒字)に転落した。キヤノン、リコーを含む事務機大手3社の中で最終赤字はコニカミノルタのみ。海外の影響をより大きく受け、事業多角化も途上であることが響いているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中