2020年 9月 21日 (月)

竜党「明日も同じ結果に...」と諦めムード 中日、連日の貧打・投壊で借金「8」

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   プロ野球の中日は2020年8月5日、横浜スタジアムでDeNAと対戦し2-8で敗れた。先発・柳裕也投手(26)が初回に2点を失う苦しい立ち上がり。3回1死満塁としたところで柳は降板となった。打線はDeNA先発・浜口遥大投手(25)に抑え込まれ3回に1点を奪うのがやっと。9回に意地を見せ1点を返したものの、わずか3安打に終わった。チームの借金は「8」に膨れ上がり、首位・巨人とのゲーム差は10ゲーム差となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

8失点と総崩れ

   初回、前日からの悪い流れを断ち切りたい中日だったが、先発・柳がDeNA打線につかまった。1死から神里和毅(26)にセンター前に運ばれ、続くネフタリ・ソト内野手(31)が放った飛球はライトへ。落下点に入ったかと思われたライト井領雅貴外野手(30)がこの打球を取れず2塁打に。4番・佐野恵太外野手(25)を四球で歩かせ、ホセ・ロペス内野手(36)にレフトフェンス直撃のタイムリーを許した。

   3回は守備のミスから失点につながった。先頭・神里が放ったライナーをショート京田陽太(26)が捕球できず記録はエラー。1死2塁の場面で4番・佐野にタイムリーを打たれ1失点。続くロペスにレフト前に運ばれ、6番・宮崎敏郎内野手(31)への2球目が死球となり1死満塁。柳はここでマウンドを降り、山本拓実投手(20)が2番手としてマウンドに上がった。

   4回以降、中日の中継ぎ陣はDeNA打線にコンスタントに得点を許し、反撃ムードがしぼんでいった。4回には山本が佐野にタイムリーツーベースを許し1点を失い、5回には3番手ルイス・ゴンサレス投手(28)が宮崎の本塁打などで2失点。8回には5番手・浜田達郎投手(26)が佐野に本塁打を許した。この日、中日投手陣はDeNA打線に14本のヒットを打たれ8失点と総崩れだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中