2020年 9月 26日 (土)

ジャンプ漫画「アクタージュ」の原作者逮捕報道でファン悲鳴 「打ち切らないで」「単行本絶版?」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   週刊少年ジャンプの人気漫画「アクタージュ act-age」の原作者が10代女性へのわいせつ行為の疑いで逮捕されたとNHKなどが報じ、ファンらからネット上で悲鳴が上がっている。

   NHKがニュースの公式サイト上で一報を流したのは、2020年8月8日16時近くだ。

  • 集英社のアクタージュ公式サイト
    集英社のアクタージュ公式サイト
  • 集英社のアクタージュ公式サイト

10代の女性にわいせつな行為をした疑いをNHKが報じ

   マツキタツヤのペンネームでジャンプにアクタージュを連載している原作者の松木達哉容疑者(29)が、10代の女性にわいせつな行為をしたとして警視庁に逮捕されたというごく短いものだった。

   すると、ツイッター上などで、「どうなっちゃうんだよアクタージュ」とファンらの間で騒ぎになった。その後、17時過ぎになって、詳しい内容がNHKの首都圏ニュースで報じられたほか、大手紙なども同様な報道を始めた。

   それによると、松木容疑者は6月18日夜、東京都中野区の路上を歩いていた女子中学生の後ろから自転車で近づき、胸を触ったとして強制わいせつの疑いが持たれている。松木容疑者はその後、現場から逃走し、警視庁が防犯カメラの映像などから松木容疑者を割り出した。約1時間後に近くの路上で別の女子中学生が同様な被害に遭っており、警視庁が関連を調べているという。

   松木容疑者は、調べに対し「おおむね間違いありません」などと容疑を認めているという。

   人気漫画の原作者が逮捕されたことについて、ツイッター上などでは、「嘘、ショック無理」「好きだったのに残念すぎる」とファンから書き込みが相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中