2020年 9月 22日 (火)

接触確認アプリ、入れてるのに「陽性登録」できない... COCOA「処理番号」届かぬ事例複数、いったいなぜ?

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   国が配信を始めた新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」はダウンロード数が1200万件を超えたが、肝心の陽性者の登録は165件にとどまっている(2020年8月7日午後5時現在)。COCOAで陽性者から通知を受けられる機能が始まった7月3日から8月7日までの全国の陽性者数(約2万6千人)の0.6%だ。

   伸びない背景を探ってみると、COCOAで陽性と登録する際に入力する「処理番号」が陽性者にすみやかに届かなかったという事例に行き当たった。現場で何が起きているのか、取材した。

   COCOAは、ダウンロードしたスマートフォン同士が1メートル以内で15分以上接すると、近距離無線通信規格「Bluetooth」でお互いのスマホ情報を記録。陽性の判定を受けた利用者が「処理番号」を登録すれば、接した記録があるスマホに通知が届く仕組みだ。通知を受けたスマホの持ち主は、「保健所のサポートを早く受けることができる」(厚生労働省)ため、PCR検査を早く受診できるという。

  • 接触確認アプリ「COCOA」の陽性登録者数が伸びない背景にあるのは…?
    接触確認アプリ「COCOA」の陽性登録者数が伸びない背景にあるのは…?
  • COCOAに「陽性」と登録するための「処理番号」発行の流れ
    COCOAに「陽性」と登録するための「処理番号」発行の流れ
  • 接触確認アプリ「COCOA」の陽性登録者数が伸びない背景にあるのは…?
  • COCOAに「陽性」と登録するための「処理番号」発行の流れ

「順番に対応している」「私はその担当ではない」... アプリ使えず「ガッカリ」

   この処理番号は、陽性者が出た場合に、保健所の職員らが厚労省の感染者管理支援システム「HER-SYS(ハーシス)」に入力することで発行され、陽性者にメールやショートメッセージで通知される。処理番号が通知されなければ、COCOAをダウンロードしていても、陽性となったことを登録できない。

   大阪市の会社経営者の男性(40代)は7月21日、「いつもと違う体調不良」を感じ、翌22日に市内の保健所からコロナの陽性判定を受けた。体調が悪くなる前、取引先と東京や九州で会食したり打ち合わせをしたりするなど「濃厚接触」していた。また持病を持つ身内や幼い子どももいるため、COCOAを通じてなるべく早く接触した可能性のある人に知らせようとした。

   しかし、何日経ってもCOCOAに登録するための処理番号は、なぜか届かない。保健所からは連日、異なる職員から体調を確認するための電話がかかってきたため、その度に尋ねると、ある職員は「順番に対応しているのでお待ちください」。別の日に電話してきた別の職員は、男性が陽性判定から数日経っているにも関わらず処理番号がまだ届いていなかったことを知り、「本当ですか」と逆に驚かれた。さらに別の日に電話してきた職員に男性が詰め寄ると、「私はその担当ではなくて...」とうろたえられたという。

COCOAでは「処理番号」を入力しないと陽性であっても情報を登録できない(COCOAの画面から)
COCOAでは「処理番号」を入力しないと陽性であっても情報を登録できない(COCOAの画面から)

   保健所の職員間で処理番号に関する男性とのやり取りは引き継がれておらず、マニュアル通りに質問されたように男性は感じた。仕方なく、連絡がつく濃厚接触者には直接連絡を取り、陽性判定について知らせたが、東京や九州に行く際に利用した飛行機や新幹線で近くに座っていた人々には知らせようがない。結局、処理番号が男性に届いたのは1週間以上経ってから。男性は落胆している。

「アプリ(COCOA)が配信されてすぐにダウンロードしたのに、全く機能していないことがわかり、ガッカリしています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中