2020年 9月 25日 (金)

井上尚弥の「次戦」はマロニー説優勢? カシメロ陣営とはファイトマネー減額問題

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=の次戦交渉に進展がみられたと米国記者が伝えた。スポーツ専門メディア「The Athletic」のマイク・コッピンガー記者は2020年8月12日、自身のツイッターを更新し、井上の次戦に関して言及。WBOバンタム級1位ジェイソン・マロニー(29)=オーストラリア=との交渉が進んでいることを伝えている。

  • 次戦の相手は誰に?
    次戦の相手は誰に?
  • 次戦の相手は誰に?

4月予定のカシメロとの王座統一戦はコロナの影響で延期

   コッピンガー記者によると、井上を共同プロモートするトップランク社のカール・モレッティ副社長が「The Athletic」に対して「井上VSマロニー戦」の可能性に言及。現在、マロニー陣営との交渉が進められており、現時点で成立に至っていないが、今後契約が成立する可能性があるという。

   井上は当初、4月25日に米ラスベガスでWBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)と王座統一戦を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期となった。米国入りしていたカシメロ陣営はその後も米国内に留まり、統一戦に向けて調整していた。

   今秋にも井上VSカシメロ戦が実現するとみられていたが、ここにきて雲行きが怪しくなっていた。米スポーツ専門メディア「ESPN」(電子版)は7月23日、トップランク社のボブ・アラムCEOのインタビュー記事を掲載。アラム氏はカシメロ陣営がファイトマネーの減額に応じなければ、対戦相手をマロニーに変更する可能性に言及しており、その後の動向が注目されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中