2020年 12月 1日 (火)

千代田区長「議会解散」ひとまず正常化 司法判断で正式謝罪、スキャンダル追及再燃か

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   高級マンション「優先購入」疑惑で空転していた東京都千代田区議会に2020年8月12日、石川雅己区長(79)が16日ぶりに出席し、「区政を停滞させてしまい、お詫びします」と正式に謝罪した。疑惑を追及していた議会に区長が出した解散通知に裁判所が「ストップ」をかけたため、これまでの対決姿勢を全面的に転換したのだ。新型コロナウイルス対策に関する審議さえも中断していた前代未聞の事態が、ようやく正常化することになった。

   区長は、疑惑をめぐる自らの証言に関して刑事告発する決議をした議会に反発。7月28日に「刑事告発は事実上の不信任にあたる」との独自の見解を示し、議会を解散する通知を一方的に出した。これに対して25人の区議全員が解散の無効を確認する裁判を起こすとともに、裁判確定までの間、解散の効力を停止するよう申し立てた。このうち解散の効力について、東京地裁が8月7日に執行を停止する決定を出したのだ。

  • 東京都千代田区議会で謝罪する石川区長(2020年8月12日午後)
    東京都千代田区議会で謝罪する石川区長(2020年8月12日午後)
  • 東京都千代田区議会で謝罪する石川区長(2020年8月12日午後)

「重く受け止め」「真摯に受け止め」、ひたすら繰り返す区長

「今回の私の区議会解散の判断につきましては、区民ならびに区民の代表である議員の皆さまに多大なご心痛をおかけしたことを、深く、深くお詫びいたします」

   8月12日午後、千代田区議会の臨時会。こう述べた石川区長は、区政停滞への謝罪と円滑な審議への協力を求めた区議らに対し、ひたすら低姿勢を貫いた。「重く受け止め」「真摯に受け止め」。約4分30秒の発言の間、5回もそう述べた区長。傍聴席からは「白旗」を挙げたようにも見えた。

記者団の取材に応じる千代田区議会の小林孝也議長(8月12日午後)
記者団の取材に応じる千代田区議会の小林孝也議長(8月12日午後)

   議会側は区長の謝罪を受け入れる方針だ。小林孝也議長は臨時会の後、記者団にこう述べた。

「区長の謝罪については、一つひとつ実行していただけると信じております。一刻も早く区政を正常化させ、審議も早速に行っていきたいと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中