2020年 10月 23日 (金)

「艦これ」運営が「反撃」通告 トレパク頒布騒動のなか、法的措置に言及

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

   2020年8月18日、DMMで展開されている人気ブラウザゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」(以下「艦これ」)の企画・開発・運営の「C2機関」は、悪質な同人活動に対して警察への通報や法的処置を順次行うとツイッター上で発表した。

  • C2機関のツイート
    C2機関のツイート
  • C2機関のツイート

「一般的な同人活動の枠を大きく外れた法に抵触する悪質な販売」

   「艦これ」は比較的、同人活動に寛容なジャンルとして知られる。2013年12月28日時点では、同人誌やイラスト・漫画・小説・コスプレ(全年齢)等の一般慣例的な同人活動については、公序良俗に反するもの・ゲームシステムのあるもの・ゲーム内の音源/画像を使ったもの・関係各社/者に迷惑を与えるもの以外は問題ないと、「艦これ」開発/運営公式ツイッターアカウントで発表している。

   しかし今回の18日ツイッター上で、「艦これ」の企画・開発を務める「C2機関」から下記の発表がされた。

「残念なことに先日行われた同人誌即売会で、一般的な同人活動の枠を大きく外れた法に抵触する悪質な販売が複数あった報告を受けました。また、それ以前より、関係社/者への業務妨害や誹謗中傷に該当する報告もあります。該当案件は確認を行い、今後必要な警察への通報や法的処置を順次行っていきます」

   インターネット上では、ゲーム内のイラストなど既存のものをなぞる「トレス(トレース)」行為を行ったアカウントに批判が寄せられており、C2機関の発表はこのアカウントへの措置と受け止められている。同アカウントは、「トレスしたりコラ作ったりしてます」とゲーム内の画像の流用を示唆するツイートを行っている。さらに8月16日に行われた同人イベントでは、このイラストを用いたグッズの頒布を行っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中