2020年 9月 29日 (火)

西武が佐藤龍世、相内誠を対外試合禁止に 「コロナ自宅待機」中のゴルフ行きで速度超過

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   プロ野球・埼玉西武ライオンズは、所属する佐藤龍世内野手、相内誠投手が、球団が新型コロナウイルス感染拡大防止のため不要不急の外出を禁じていた期間中に外出し、その際に佐藤選手が運転する自動車が道路交通法に違反する危険な走行をしていた、と2020年8月20日に公表した。

   佐藤、相内の両選手は無期限の対外試合出場禁止、ユニフォーム着用禁止処分となる。

  • 西武が2選手の処分を発表
    西武が2選手の処分を発表
  • 西武が2選手の処分を発表

8月17日に佐藤選手が球団へ報告

   佐藤選手は18年ドラフト7位で岩手・富士大学から入団し、ルーキーイヤーの昨19年は一軍で52試合に出場。プロ初ホームランも放った。相内投手は12年ドラフト2位で千葉国際高校(現:翔凜高校)から入団。19年まで一軍で21試合に登板している。

   発表によれば、球団が自宅待機と不要不急の外出禁止を定めていた20年4月12日、相内選手が同乗する自動車を佐藤選手が運転し、千葉県内のゴルフ場へ向かう途中、首都高速道路中央環状線山手トンネル内を法定の最高速度を大幅に超過する速度で走行していた。この違反行為については8月17日に佐藤選手が球団へ報告。2人への詳細確認後、違反内容が判明した。

   問題を受け、球団は佐藤、相内の両選手に無期限の対外試合出場禁止、ユニフォーム着用禁止処分を下した。

   なお、佐藤選手の車に同乗していた相内選手は入団前の12年12月に、当時高校生ながら無免許運転、スピード違反で千葉県警から摘発されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中