2021年 6月 24日 (木)

「乃木坂は上品、欅坂はクール、日向坂は『初恋感』」 武井壮、「坂道トーク」暴走で「やべえなこれ」 

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

キャプテンの反応に両手で手を叩いて「やったぜ」

   武井さんは番組中、日向坂46の魅力について、こうも述べていた。

「初恋の頃を思い出す曲が多いんですよ。すごくときめいちゃうんですよ」

   武井さんの熱弁に、キャプテンの佐々木さんは

「私たちも青春感とか、何事も全力っていうことを大事にしているので、初恋感とか言ってもらえると、凄く嬉しいです」

とした。武井さんは両手で手を叩いて「やったぜ」と喜びを表していた。

   先に述べたように、日向坂は19年2月11日まで「けやき坂46」の名義、「欅坂46」と対比させる形で通称「ひらがなけやき」として活動をしていた。改名したことに、武井さんは

「名前が変わったのがすごく良かったと思っていて、日向坂(ひなたざか)って日向坂(ひゅうがざか)っていう港区の坂道が元の名前だと思うんですけど...」

と話すと「そうなんですよ。そうなんですよ」と目を大きく見開きながら、頷く佐々木さんにカメラが向いた。

   武井さんは、続けて

「日向感というか、柔らかさとかがでて、ファンの人もおひさま(ファンの愛称)いっぱいみたいな感じで。柔らかさで凄く良くなったっていう。そのへんも飛躍の原因じゃないですかね」

と述べた。

   武井さんは自身のユーチューブチャンネル「武井壮百獣の王国」内で、20年6月11日に「乃木坂46の攻略法」を更新。また過去にはABEMAの特別番組「乃木坂46時間TV」に出演したこともあり、坂道グループファンとしても知られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中