2020年 10月 26日 (月)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 民主党大会への「共和党支持者」の眼差し

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   2020年11月の米大統領選に向けた野党・民主党の全国大会が、8月17日から4日間にわたり、開催された。日本でも盛んに報道されてきたが、多くのマスコミの報道は民主党寄りで、今の米国の全体像が見えてこない。バランスを取るために今回はあえて、主に共和党支持者らが民主党大会をどのように受け止めたかを、伝えたいと思う。

  • オンラインでの開催となった民主党全国大会(公式YouTubeチャンネルより)
    オンラインでの開催となった民主党全国大会(公式YouTubeチャンネルより)
  • オンラインでの開催となった民主党全国大会(公式YouTubeチャンネルより)

アメリカの広さと多様性感じさせたオンライン大会

   今回の民主党大会は、新型コロナウイルス感染症の影響により、オンライン上で行われた。2日目は全米の各州・自治領の代議員がそれぞれの土地から、候補者指名を争ったジョー・バイデン前副大統領とバーニー・サンダース上院議員が、それぞれ何人の代議員を得たかを発表。その結果を受けて、バイデン氏が同党候補に正式に指名された。

   大草原の牛あり、ビーチあり、カラマリあり、とその土地柄がよくわかり、全米を旅しているようで楽しいものだった。代表も白人や黒人だけでなく、ベトナム移民、ネィティブアメリカンとさまざまだ。

   この国の広さと多様性を実感し、ニューヨークやカリフォルニアにいるだけではこの国は理解できないことを、改めて思った。以前、私が数年間、過ごした中西部のウィスコンシンやオハイオ、アイオワなどの州、時々訪れるフロリダ州も、私が今いるニューヨーク市とはまったく別世界だ。

   全米各地から届く動画では非難や中傷はなく、笑顔で淡々とその土地の紹介や支持表明をする様子を見ながら、分断が叫ばれている今の米国が、ひとつになれたような錯覚に陥った。

   私とオンラインで話した米北西部のアイダホ州ナンパに住むサラ(30代、経営コンサルタント)も、各地の様子をテレビで見ながら、同じように感じていた。

   「順番に動画で全米を旅しながら、自分はこの国を愛しているんだと改めて思った。同じアメリカ人なのに、どうして手を取り合って平和に暮らせないのか」と話す。

   サラは4日間、オンタイムで民主党大会を見ていたという。

「党大会では、『党派を超えてひとつになろう』、『バイデンはすべてのアメリカ人の代表になる』と訴えていた。ただ、(バラク・)オバマもバイデンも(カマラ・)ハリスも、演説はどれもトランプ叩きに徹していて、彼らの支持者層以外に声が届いたとは思えないわ」

   オバマ前大統領は、「(トランプ氏が)大統領の器に成長しなかった。できないからだ」などと終始、トランプ氏を酷評。副大統領候補に指名されたハリス氏は、トランプ氏のコロナ対応について、「指導力がないために、国民が犠牲になった」と厳しく批判した。

   バイデン氏はあえてトランプ氏を名指ししなかったものの、「米国を長きにわたり、暗黒で覆い隠した」、「責任は取らず、人を非難し、独裁者にこび、憎しみと分断をあおっている」などと強く批判。自分はこの国に「光」と「統一」をもたらすと訴えた。

   バイデン氏の演説は「これまでのどのスピーチより力強かった」と、演説直後のFOXニュース、そして共和党支持者の一部も称賛した。

   サラは続ける。

「バイデンの演説は思っていたより、訴える力があった。でも、具体的な政策をどう実現するかが、今ひとつ伝わってこない。ハリスも多様性を強調するばかりで、具体的な政策には触れなかった。バイデンは「家族思いで、弱者にも優しいいい人」とほめ称えられているけれど、リーダーシップが取れるのか、大いに疑問だわ」

   バイデン氏は演説の中で、道路や橋、空港などのインフラ整備、教育や医療の改善、社会福祉の充実、環境問題への取り組みなどに触れたが、その財源については具体的にほとんど語っていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中