2020年 9月 25日 (金)

戸郷か?森下か?セ・リーグ新人王レース、巨人元コーチが占う 本人の成績以外でポイントになるのは...

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   プロ野球のレギュラーシーズンが中盤戦に突入した。セ・リーグの新人王レースは、巨人・戸郷翔征投手(20)と広島・森下暢仁投手(23)の両投手が先頭を走っている。

   ハイレベルな争いを展開する戸郷と森下。J-CASTニュース編集部は、巨人で戦略コーチを務めた野球解説者の橋上秀樹氏(54)に新人王レースの今後の展開を占ってもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「戸郷投手は荒削りなところがある」

   開幕から先発ローテーションの一角を担う戸郷は2020年8月27日のヤクルト戦に先発し、5回4安打無失点の好投を見せ7勝目を挙げた。この日は打線の援護にも恵まれ8月5日の阪神戦から4連勝、防御率1.90をマークしている。

「森下投手は制球を含めてかなり完成している。それに比べて戸郷投手は荒削りなところがある。球の勢い、荒れ球的なボールが彼の武器になっている。投球フォームからくる威圧や、球がばらけることによって打者に与える恐怖心が今のところプラスに出ていると思います」(橋上氏)

   一方の森下はチームが低迷するなかで奮闘している。開幕から8試合に登板し5勝2敗。8月14日の阪神戦では2安打無四球とほぼ完ぺきな内容で12個の三振を奪っての完封勝利。新人投手で一番乗りの完封勝利だった。

「前半戦は打線とのかみ合わせが悪い試合があり、好投しても援護に恵まれずなかなか勝ちに結びつきませんでした。チーム状態があまりよくないので勝ち星に恵まれない試合がありましたが、投球内容からいえば7勝くらいしていてもおかしくはない。バランスの良い投球をしているので、それが制球力につながっている」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中