2020年 9月 25日 (金)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
彼女がタンスに忍ばせた「警官支持」の旗

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   黒人男性が警官に銃撃された米中西部ウィスコンシン州ケノーシャ。そのすぐそばの大都市ミルウォーキーで、亡き夫が長年、警官として働いていた私の知人スージー(60代)が、涙ながらに話してくれたことを、今回はこの連載で伝えたいと思う。

  • 警察への支持や殉職した警官への追悼を表す「Thin Blue Line Flag」。トランプ支持者の多い地域ではよく、家の前にこの旗が掲げられている(2020年8月、ニューヨーク市スタテンアイランドで著者撮影)
    警察への支持や殉職した警官への追悼を表す「Thin Blue Line Flag」。トランプ支持者の多い地域ではよく、家の前にこの旗が掲げられている(2020年8月、ニューヨーク市スタテンアイランドで著者撮影)
  • 警察への支持や殉職した警官への追悼を表す「Thin Blue Line Flag」。トランプ支持者の多い地域ではよく、家の前にこの旗が掲げられている(2020年8月、ニューヨーク市スタテンアイランドで著者撮影)

涙が止まらなかった...被害者母の言葉

   スージーは、ケノーシャで銃撃された黒人男性ジェイコブ・ブレイクさん(29)の母親ジュリア・ジャクソンさんの訴えに、強く胸を打たれたという。

   事件後にケノーシャで暴力や暴動が起きたことについて、ジャクソンさんは、「とても心を痛め、正直、嫌悪感を抱いている」、「自分はこの国の癒しのために、ずっと祈り続けてきた」と話した。

   また、警官による黒人への差別と暴力を「政治的な問題にしていては、何も変わらない。(民主党と共和党が)互いに拳を振りかざして相手を叩き、怒りをコントロールせずにいたら、間違った方向に進んでしまう」と憂い、「心と愛と知性をもって、ともに手を取り合いましょう」と訴えた。

   ジャクソンさんの言葉は、党派を超えて多くのアメリカ人の共感を呼んだ。これについては、この連載の前回の記事「黒人男性銃撃、党派超えて共感呼んだ『母親の願い』」で詳しく取り上げている。

   息子が警官に銃撃され、下半身不随になったにも関わらず、「すべての警官と家族のために祈っている」というジャクソンさんの言葉を聞きながら、スージーは涙が止まらなかったという。

「なんて慈悲深くて、寛大な人なのだろうと思ったわ。警官は、銃を撃つ以外に方法がないの? それほど恐怖を感じているの? 私にはとても理解できない。警察の廃止にはもちろん反対だけれど、警察の改革は絶対に必要だわ。敵と闘う軍隊のようにふる舞うのではなく、もっと市民の支えとなるべき。ジョージ・フロイドの首を抑え続けて息の根を止めた警官なんか、ユニフォームを身につけた殺人者だわ」

   私にそう話しながら、スージーはまた泣いていた。

   しかし、「安全と地域の秩序を守ろうとしている警官たちが、ひとまとめに悪者扱いされるのは耐えられない」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中