2020年 9月 19日 (土)

大手eスポーツチームめぐり騒動 数々の疑惑浮上で「野良連合」代表辞任

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   森永製菓や産経デジタル社などと提携するプロeスポーツチーム「野良連合」の代表を務めるKizoku氏が2020年8月30日、一連の騒動の責任を取る形で辞任を発表した。

   同氏をめぐっては、選手への給与未払いやパワーハラスメントなどが取り沙汰されていた。

  • 野良連合公式サイトより
    野良連合公式サイトより
  • Kizoku氏(同氏のツイッターより)
    Kizoku氏(同氏のツイッターより)
  • 野良連合公式サイトより
  • Kizoku氏(同氏のツイッターより)

「告発ブログ」拡散

   野良連合は2016年に発足。国内外に多くのファンを擁し、19年12月には産経デジタル社と広告マネジメント業務契約を、20年7月には森永製菓とパートナー契約を結んだ。

   コナミデジタルエンタテインメントが運営するeスポーツの教育施設「esports 銀座 school」では、野良連合の複数の選手が講師を務めている。

   騒動の発端は、一般のツイッターユーザーが8月中旬、野良連合の選手が給与を支払われていないことを示唆する内容を書き込んだためだ。それに端を発し、Kizoku氏の私生活での素行の悪さや選手への給与未払い、パワハラなどの疑惑が浮上し、関係者の情報提供をもとにした「告発ブログ」も拡散した。

   野良連合は8月26日、ツイッターで「この度の一連の炎上騒動につきましては、事実が極めて大幅に誇張され、かつ捻じ曲げられております」と完全否定し、民事・刑事の両面で法的措置を検討していると発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中