2020年 9月 29日 (火)

乃木坂46・3期生は「4年間卒業ゼロ」 アイドルグループを盤石にさせる「在籍期間の法則」

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   乃木坂46の3期生は、2020年9月4日で加入4周年を迎えた。

   オーディションに合格した12人は、4年間1人の卒業者も出さずに在籍している。これだけでもグループアイドルとして極めて珍しく、4年にわたって卒業者を出さなかった期は、坂道グループ(乃木坂46・欅坂46・日向坂46)でも他にはない。ここまで順調に歩んできた3期生メンバーが作ってきたグループカラーと、在籍期間にまつわる「法則」を考察した。

  • 全員一緒に加入4周年を迎えた3期生(公式サイトより)
    全員一緒に加入4周年を迎えた3期生(公式サイトより)
  • 全員一緒に加入4周年を迎えた3期生(公式サイトより)

楽曲に見える期ごとのカラー

   乃木坂46・3期生のオーディションは2016年夏に行われた。当時乃木坂46は2011年の結成以来活動6年目、「AKB48の公式ライバル」から独り立ちして独自のブランド力を持ち「黄金期」に差し掛かっていた。

   これが3期生にとってのひとつの幸運だろうか。かつてAKB48とメンバーの交換・兼任(生駒里奈さんと松井玲奈さん)が行われたようなショッキングな人事や、他グループとの露骨な競争に見舞われず、グループ内でのびのびと自分たちのポジションを見つけることが可能だった。

   3期生を取り巻く明るさは楽曲にも現れているようである。加入後初の3期生曲「三番目の風」はエネルギッシュなデジタルポップ、最新の25thシングル「しあわせの保護色」カップリングの「毎日がBrand new day」(Type-Cに収録)は60~70年代洋楽ポップスを彷彿とさせる。同時収録の2期生曲「アナスターシャ」が芯の強さ、4期生曲「I see...」がハッピーオーラをリスナーに感じさせるとしたら、「毎日がBrand new day」は今を楽しんでいる充実感を印象付けてくる。

   先輩メンバーが多い中で加入したので、メンバー・ファンともに3期生の成長を見守るムードが醸成されていた。小柄な与田祐希さんは主に1期生からマスコットのように可愛がられ、鹿児島県出身で方言混じりで話す大園桃子さんも素朴さが愛されるポイントとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中