2020年 9月 29日 (火)

破綻レナウンから5ブランド引き受ける 創業300年超の「小泉」はどんな会社?

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   経営破綻したアパレルの「名門」レナウンは、目指していた一括譲渡が叶わず事実上解体される方針が決まった。主力の5ブランドと子会社1社は切り売りされるが、大半のブランドは買い手が見つからず、そのまま消滅する。法人としてのレナウンは清算となる方向だ。レナウンのように百貨店を主な販路としていたアパレル大手はいずれも販売が苦戦しており、レナウン破綻はアパレル業界の「終わりの始まり」になってしまうのか。

   切り売りされる5ブランドは、紳士服の「ダーバン」「スタジオバイダーバン」、英国発祥の高級ブランド「アクアスキュータム」、婦人服の「シンプルライフ」「エレメントオブシンプルライフ」。民事再生手続きを管理する裁判所での手続きを経て、大阪市に本社があるアパレル企業「小泉」のグループ会社に売却される。また、子会社で機能性肌着を扱う「レナウンインクス」については、ストッキング大手のアツギに売却することも決まった。

  • レナウン公式サイトより
    レナウン公式サイトより
  • レナウン公式サイトより

レナウン「グループ全体」の再建は断念

   レナウンはかねてからの販売不振に加え、新型コロナウイルスの感染拡大によって百貨店での売り上げが急減したため、2020年5月に経営破綻した。当初はスポンサー企業を見つけてグループ全体を存続させる形で再建を進めようとしていた模様だが、もはやレナウン全体に価値を見いだすスポンサーは登場せず、その方針を断念。事業やブランドごとに切り売りして、少しでも債務を弁済する方向に転換せざるをえなかった。8月20日にアツギへの売却、翌 21日に小泉グループへの売却を発表した。「アーノルドパーマータイムレス」や「インターメッツォ」などブランドの大半は買い手が見つからなかった。かつて日本一のアパレル企業として一世を風靡したレナウンは、これで120年近い歴史を終えることになる。

   レナウンに限らず大手アパレル企業は、販路としてきた百貨店の販売低迷や、ユニクロを筆頭とする手ごろな価格帯のブランドの台頭により、コロナ流行前から構造的に経営が悪化していた。名の知られた大手アパレル企業は、もはやレナウンのスポンサーになるだけの余力を持ち合わせていないということだろう。そんな中でも、レナウンから5ブランドを引き受ける小泉とは、一体どのような企業なのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中