2020年 9月 25日 (金)

「ピープルズを先発で固定すべき」 DeNA逆転Vへ...齊藤明雄氏が投手起用に提言

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   プロ野球のセ・リーグは巨人が首位を快走している。巨人の独走の気配が漂う中、2位阪神と3位DeNAが7.5ゲーム差で追っている。シーズンを折り返し、このまま巨人の独走を許すのか。それともここから反撃が始まるのか。

   J-CASTニュース編集部は、横浜ベイスターズの1軍投手コーチを務めた齊藤明雄氏(65)にDeNAの逆転優勝に必要なものを聞いた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「パットンの先発は今後やらないほうがいい」

   DeNAは9月1日からの首位・巨人との3連戦で3連敗。第1戦、第2戦は僅差の試合となったが、オープナーを用いた第3戦は4-13の大敗だった。先発のスペンサー・パットン投手(32)が大乱調で、後続も打ち込まれ2回までに13点を失った。この日は大量リードされながらもアレックス・ラミレス監督(45)は、山崎康晃投手(27)、マイケル・ピープルズ投手(29)、三嶋一輝投手(30)ら勝ちパターンの投手を起用する采配を見せた。

「チームの事情があるのかも知れないが、オープナーでパットンの先発は今後やらないほうがいいと思います。パットンが先発することで後ろが弱くなってしまう。もしやるのならばエスコバーのほうがいい。後半に試合がもつれた時に左の石田投手が残っていますから。この間の巨人戦のような展開になってしまったらベンチはお手上げ状態になってしまう。投げさせなくてもいい投手を投げさせなければなりませんから」(齊藤氏)

   先発陣に目を向けると、エース今永昇太投手(27)が8月16日に左肩の違和感で出場選手登録を抹消。これに続いて20日には平良拳太郎投手(25)が背中の違和感で登録抹消となった。先発の主軸2投手を欠き、ラミレス監督は一時、中継ぎに起用したピープルズを先発に戻す意向で、雨天中止となった7日の広島戦ではピープルズが先発予定だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中