2020年 9月 29日 (火)

「不妊治療に保険適用」菅氏プランが持つ意味 「涙出そうになった...」負担に苦しむ人々の思いは

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   自民党総裁選に立候補した菅義偉官房長官が、高額になりがちな不妊治療への保険適用の実現をめざす考えを述べたことに、インターネット上で大きな反響が起きている。ツイッターでは、実現に期待する投稿が多かった一方で、限りある医療財源の観点などからの反対論も一部であった。首相就任が有望視される菅氏の表明を、重い費用負担に悩んでいた当事者の人々はどう受け止めたのか。

   菅氏は2020年9月8日の自民党総裁選の立会演説会で、「出産を希望する世帯を広く支援するため不妊治療への保険適用を実現する」と発言。少子化対策の一環として、不妊治療に公的医療保険を適用し、経済的な負担軽減を図っていく考えを示した。

  • 次期首相に有望な菅氏の発言だけに、不妊に悩む人々からは期待の声が上がった(写真はイメージ)
    次期首相に有望な菅氏の発言だけに、不妊に悩む人々からは期待の声が上がった(写真はイメージ)
  • 不妊治療の保険適用の実現について述べる菅義偉氏(2020年9月8日、東京都千代田区)
    不妊治療の保険適用の実現について述べる菅義偉氏(2020年9月8日、東京都千代田区)
  • 次期首相に有望な菅氏の発言だけに、不妊に悩む人々からは期待の声が上がった(写真はイメージ)
  • 不妊治療の保険適用の実現について述べる菅義偉氏(2020年9月8日、東京都千代田区)

SNSに賛意の投稿あふれる...国民民主・玉木氏「菅さんやるな」までも

   この発言が8日午後に報じられると、インターネットユーザーからの反応が続出。ツイッターでは、

「悲願が、ついに。不妊治療が保険適用になるだけで、産みたいけれど産めなかった夫婦がどれだけ救われるだろう」
「これを見た時涙出そうになった 不妊治療の為に仕事も変えて、病院まで毎回往復3時間...周りの目や、旦那の実家にいくのが本当に嫌になった いろいろ意見言う人はいるけども、素直に嬉しい」

   といった好意的な投稿であふれた。政界からも与野党問わず書き込みが相次いだ。このうち、国民民主党の玉木雄一郎代表は、

「代表選挙の時を含めずっと主張してきたので大賛成だ。しかしこれを自民党が取り入れるとなると手強い。菅さんやるな」
玉木雄一郎氏のツイート(ツイッターから)
玉木雄一郎氏のツイート(ツイッターから)

   と賛意を示すツイートをした。

   SNS分析ツール「ソーシャル・インサイト」で調べたところ、「不妊治療」を含むツイート・リツイートは8日と9日で計約3万6000件(9日17時現在のサンプリングされた数値)あった。男女ほぼ同じ割合で、関東地方からの投稿が半分を占めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中