2020年 10月 30日 (金)

井上尚弥の挑戦者モロニー「世界に衝撃を与えるチャンス」 10・31決戦へ猛アピール

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=の挑戦者ジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=が打倒井上を誓った。2020年9月11日に母国メディア「news.com.au」(WEB版)に掲載されたインタビューに応えたもので、「世界に衝撃を与えるチャンスです」と「モンスター」狩りに意欲を見せた。井上とモロニーのタイトル戦は10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスで行われる。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

「私にチャンスがないと言っている」

   「news.com.au」の記事では井上とモロニーのタイトル戦を「2020年のオーストラリアにとって最大の戦い」と位置付けており、「オーストラリアのファイターにとって意味のあるタイトルを獲得するチャンスをモロニーに与えた」としている。オーストラリアの伝説的世界王者ライオネル・ローズとジェフ・フェネックがかつて保持していたWBA、IBFのベルトをかけた一戦だけに地元の注目度は高まっている。

   プロキャリア21勝(18KO)1敗を誇るモロニーは今回のタイトル戦が2度目の世界戦となる。唯一の敗戦となった2018年10月のIBF世界バンタム級タイトル戦では、王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に1-2の僅差判定で敗れている。敗戦後は無敗をキープし、世界の主要4団体のランキングでは上位に名を連ね、2度目の世界戦の機会をうかがっていた。

   世界的な王者である井上との対戦はモロニーにとって世界に名を売る絶好のチャンスとなる。モロニーは「私のチームでない者は、私にチャンスがないと言っている。でもそれでも結構。私はこの戦いに勝利し、そしてそれが私をスーパースターにさせる。私の人生を変える。かつてジェフ・フェネックとライオネル・ローズが所有していたベルトを取り戻す」と意気込んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中