2020年 9月 20日 (日)

「多様性の大切さを世界に提起しながら...」 大坂なおみ優勝を称えた自民・岸田文雄氏らにバッシング

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   女子プロテニスの大坂なおみ選手が全米オープン優勝を果たしたが、優勝やそのメッセージを賞賛した自由民主党の岸田文雄氏らが次々と非難を浴びる事態が起きている。

   大坂選手は人種差別の犠牲者とされる人々の名前がプリントされたマスクをつけて試合に臨んでいた。

  • 総裁選に出馬した岸田氏。「分断から協調へ」をスローガンに掲げていた
    総裁選に出馬した岸田氏。「分断から協調へ」をスローガンに掲げていた
  • 総裁選に出馬した岸田氏。「分断から協調へ」をスローガンに掲げていた

「多様性の大切さ」称えるも...

   大坂選手は2020年9月13日(日本時間)に女子シングルス決勝でビクトリア・アザレンカ選手を破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。人種差別へ抗議する姿勢を貫き続けた中での快挙は賞賛を集めている。

   優勝について、安倍晋三首相は

「二度目の全米オープン優勝、おめでとうございます。最後まで諦めることなく、フルセットでの逆転勝利。感動をありがとう!益々の御活躍を祈念しております」

と13日にツイートした。

   一方で、当時総裁選に出馬中だった岸田氏は大坂選手が見せた差別への抗議にも踏み込んで、

「大坂なおみ選手、全米オープン優勝おめでとうございます!多様性の大切さを世界に提起しながら戦い抜き最高の結果を出されたことに敬意を表します。私も大いに勇気づけられました!」

と投稿。ところがリプライ欄には

「一言余計でした...日本人として優勝のみを祝い労っていただきたかった」
「多様性の大切さ、、、どこが?」
「アナタが総理にならなくてほんっとうに良かった」

と、大坂さんのメッセージを支持したことについて責め立てるような反応が続出している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中