2021年 4月 14日 (水)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
9.11 あの時の「沈黙」と重なるニューヨークの今

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

84階にいた夫からの電話

   式典会場の外で、3本の白いバラを手に立っている女性がいた。大量の有毒な粉塵を吸い込んだことが原因で、4年前に父親を癌で亡くしたという。

「ニューヨークは活気あふれる街なのに、今はコロナで閑散としている。19年前のあの時も同じように、この街は沈黙していた。多くの人が亡くなり、街は閉鎖されて人影がなく、薄暗い陰鬱な雰囲気で、まるで映画のシーンのようだった」

   そこへ別の女性が現れ、「その花、どこで買ったの?」と声をかけてきた。

   「1輪、どうぞ」と手渡そうとするが、その人は遠慮する。声をかけた女性は、4人の子供連れだった。あの日、弟を亡くしたという。

   私と話していた女性が、「あなたのお子さんたちが、叔父さんに花を捧げられるように」ともう1度、バラを差し出すと、女性は笑顔で受け取った。

   胸に夫の写真をプリントしたTシャツを着た女性(68)は、あの朝、テロが発生した後、夫から電話があったという。世界貿易センタービルの84階にいた。

「今からオフィスを出る。下に降りたらまた、電話するから」

   しかし、電話はなかった。遺骨も遺品も見つかっていない。

   女性は毎年、この日はここを訪れるという。

「辛いけれど、ここにいると、心が落ち着くの」 
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中