2020年 10月 25日 (日)

元NMB48木下百花、話題の「タトゥー」は「蜘蛛じゃないです」 喉元にくっきり...

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   元NMB48でシンガーソングライター・木下百花さんが2020年9月24日、テレビ蕃組「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に出演し、喉元に入れたタトゥーについて語った。

  • 番組への反響を報告する木下さんのツイート
    番組への反響を報告する木下さんのツイート
  • 番組への反響を報告する木下さんのツイート

「親に拉致されて」アイドルに

   以前の放送で「喉元に蜘蛛のタトゥーがある元48系アイドル」として取り上げられた木下さん。MCを務めるマツコ・デラックスさんや山里亮太さんが「実物と話してみたい」とリクエストしていたこともあり、この度スタジオ出演が実現した形となった。

   見た目、言動共に破天荒であるにも関わらず、アイドルグループに入っていた理由を「親に拉致されてオーディションを受けさせられた」と語った彼女は、当時の服装を「小学校の体操服だった」と告白。「体操服でオーディションに来た頭のおかしい野郎」とスタッフに見初められ合格したのではないかと、率直かつユーモアあふれる単語を使いこなしながら振り返り、スタジオを大いに盛り上げている。

   そんな木下さんの「人生初タトゥー」は、なんと喉元に入れたこぶし大のスパイダータトゥー。入れたキッカケは「可愛いかなと思って」だそうで、当時所属していた事務所には特に報告も無く決行したとのことだ。「事務所に内緒で?」と困惑する山里さんに対し、彼女は「内緒とかじゃない。普通にやっただけです」と答えたほか、「見えるところだから入れたんです。それか見えないところで全身和彫り」と考えていたことも明かしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中