2020年 10月 25日 (日)

パの優勝争い「首位ソフトバンクよりロッテ優位」 元コーチが指摘する理由

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   プロ野球パ・リーグの優勝争いが白熱している。2020年9月28日時点で首位ソフトバンクと2位ロッテのゲーム差はわずか「1」。巨人が独走するセ・リーグとは対照的に激しい首位争いが展開されている。今シーズンのパ・リーグを制すのはソフトバンクかロッテか、それとも楽天か。J-CASTニュース編集部は、楽天の元ヘッドコーチで巨人、西武などでコーチを務めた橋上秀樹氏(54)にパ・リーグ終盤戦を占ってもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「実際は1ゲーム差でロッテが2位につけているが...」

   パ・リーグ首位を走るソフトバンクは9月25日から2位ロッテを迎えてZOZOマリンスタジアムで3連戦を行った。ソフトバンクは初戦を落とし、第2戦を取り返し五分としたが第3戦は4-8で敗れた。ロッテとの直接対決を1勝2敗で負け越し、ロッテに1ゲーム差まで詰め寄られた。

   ソフトバンク、ロッテともに残り34試合と終盤戦を迎えている。両チームの戦力、勢い、采配などペナントレースを左右する要因はいくつかあるが、橋上氏は「一番注目すべきは、ソフトバンクとロッテの直接対決が他のカードに比べて多く残っているという点」と指摘する。

「ソフトバンクとロッテは他のカードよりワンカード分遅れている。今シーズンのソフトバンクのロッテとの対戦成績(4勝10敗1分)を見ても分かる通り、ロッテとの相性が良くない。これに加えて西武との試合も比較的多く残っている。西武には勝ち越しているとはいえ、ほぼ五分の成績。残り34試合のうち3分の2近くを相性の良くないチームと対戦しなければならない。これらを考慮すれば、実際は1ゲーム差でロッテが2位につけているが、ロッテの方が優位といえるでしょう」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中