2020年 10月 22日 (木)

金正恩氏「韓国に謝罪」国民に知られたくない? 労働新聞・朝鮮中央テレビ「スルー」の事情

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   漁業指導船から行方不明となっていた韓国の公務員を北朝鮮軍が射殺した問題で、北朝鮮側は「予想外の恥ずべきことが我々の海域で起きた」などと異例の謝罪を行った。

   一方で、国営朝鮮中央通信は、韓国側が北朝鮮側の水域に侵入して遺体を捜索しているとして「絶対に看過することができない」と非難する声明を出し、韓国側をけん制している。ただ、この声明は、現時点では北朝鮮国民の多くが読むとされる「労働新聞」には掲載されておらず、朝鮮中央テレビのニュースでも紹介されていない。声明では、殺害事件を「あってはならない忌まわしい事件」と表現しており、北朝鮮当局としては、自らの「負い目」について、国民に目立つ形での発信を避けたとみられる。

  • 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長。韓国側に「申し訳ない」と直接的な表現で謝罪するのは異例だ(写真は労働新聞から)
    北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長。韓国側に「申し訳ない」と直接的な表現で謝罪するのは異例だ(写真は労働新聞から)
  • 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長。韓国側に「申し訳ない」と直接的な表現で謝罪するのは異例だ(写真は労働新聞から)

「文在寅大統領と南の同胞を大きく失望させたことに対し、非常に申し訳なく思う」

   今回の事案は、韓国海洋水産部の漁業指導船に乗っていた指導員の男性が2020年9月21日に失踪し、北朝鮮側の海域を漂流しているところを北朝鮮軍に発見され、その数時間後に射殺されて遺体が燃やされた、というもの。韓国側は9月24日に事実関係を公表し、北朝鮮側を非難。責任者の処罰を求めた。

   北朝鮮側の反応は早かった。青瓦台(大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長は9月25日の記者会見で、北朝鮮側が朝鮮労働党統一戦線部名義で

「10余発の銃弾で不法侵入者に向かって射撃し、この時の距離は40?50メートルであった」

などと殺害を認める通知文を送ってきたことを明らかにした。その中では、

「予想外の恥ずべきことが我々の海域で起きたことについて、南側に申し訳ない気持ちを伝える」
「わが指導部は、こうした遺憾な事件によって近ごろ積み上げてきた北南間の信頼と尊重の関係が崩れることのないように、より緊張して覚醒し、必要な安全対策を講じる」

などと謝罪の言葉が繰り返され、金正恩氏の

「われわれの海域で予想外の恥ずべきことが起き、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と南の同胞を大きく失望させたことに対し、非常に申し訳なく思う」

という言葉も含まれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中