2020年 10月 31日 (土)

和田アキ子、「紅白復帰の野望」再燃!? 「おまかせ!」ギネス認定の勢いに乗って...

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   2020年9月27日に放送された「アッコにおまかせ!」(TBS系)が、ギネス世界記録から「生放送バラエティー番組同一司会者最長放送34年357日」との認定を受けた。

   発表は、この日のスペシャルゲストであるタモリさん(75)が行い、司会の和田アキ子さん(70)は、「私1人ではホント、絶対できないです。ホントに今日、出てくださった皆さんもそうですし、テレビをご覧いただいている皆さんのおかげです。ああん、ちょっと、ヤバい!」と、涙ぐみつつ笑顔を見せた。

  • 「紅白復帰への狼煙」を上げる日は近い!?
    「紅白復帰への狼煙」を上げる日は近い!?
  • 「紅白復帰への狼煙」を上げる日は近い!?

「1つ誇れるものができました」

   旧知の仲であるタモリさんからサプライズでギネス認定を伝えられた和田さんは、受賞の瞬間は終始、ギネス認定の喜びに体を震わせていた。さらには、「あんまり賞状とかもらうことがなかったから、こういう風にしていただくと、1つ誇れるものができました」と、感動がやまない様子だった。

   まさに、記念すべき日となったこの日の放送は「祝35周年! 豪華拡大SP」として放送。番組は1985年10月に放送を開始しており、まさしく、和田さんの35年間の努力が実ってのギネス認定となったわけだが、実は、番組放送開始の翌年である86年に、和田さんにとってメモリアルな出来事が起きていた。それは、和田さんが「NHK紅白歌合戦」へと復帰を果たしたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中