2020年 10月 22日 (木)

「スカスカおせち」思い出す人続出 グルーポン、日本市場からの撤退発表

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   かつて日本で注目を集めた黒船企業「グルーポン・ジャパン」(東京都千代田区)が2020年9月28日、日本市場からの撤退を発表した。

   同社は、当時目新しかった「クーポン共同購入サイト」にいち早く参入し、確固たる地位を築いたかに見えた。

   しかし「おせち騒動」など業界内でトラブルが絶えず、近年は下火となっていた。

  • グルーポン公式ツイッターより
    グルーポン公式ツイッターより
  • スカスカおせち(「食べログ」のキャッシュページより)
    スカスカおせち(「食べログ」のキャッシュページより)
  • グルーポン公式ツイッターより
  • スカスカおせち(「食べログ」のキャッシュページより)

フラッシュマーケティングが注目

   グルーポンは08年に米国で創業。期間限定で一定の人数が集まった場合に限り、大幅割引や特典付きのクーポンを一定数量販売する「クーポン共同購入サイト」が大成功し、新市場を開拓した。

   この手法は「フラッシュマーケティング」と呼ばれた。消費者に焦燥感を与えて、購入意欲を高められるばかりか、消費者が共同購入者をSNS上で募ってくれるため、口コミが自然と広がりやすい利点があった。

   11年には米ナスダックに当時のレートで時価総額1兆円を超える大型上場を果たし、その前年には日本にも参入した。同様のコンセプトのサイト「Q:pod(クーポッド)」を買収する形でグルーポンブランドを展開する。

   日本では、グルーポンを筆頭に、クーポン共同購入サイトが続々と立ち上がり、全盛期には300ものサイトが乱立した。IT企業「エンタ」の調査によれば、2012年の推定市場規模は約356億円だったのに対し、翌年は約396億円と急成長。グルーポンとリクルートグループの「ポンパレ」が2強をなした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中