2020年 10月 30日 (金)

岡田健史「コロナうずの中で...」 「コロナ禍」言い間違いに共感「渦もしっくり」

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

   俳優の岡田健史さんは2020年10月1日放送の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に生出演した。

   岡田さんは番組中に「コロナ禍(か)」を「コロナ渦(うず)」と言い間違え、このことがツイッター上で話題になっている。しかし、こうした間違いが世間では頻発し、また「渦」という意味でも「しっくりくる」として、「コロナ渦」という言葉の定着を望む意見も聞かれている。

  • コロナ「禍」をコロナ「渦」と読み間違い(写真はイメージ)
    コロナ「禍」をコロナ「渦」と読み間違い(写真はイメージ)
  • 言い間違いを反省する岡田健史さん(インスタグラムのストーリーズより)
    言い間違いを反省する岡田健史さん(インスタグラムのストーリーズより)
  • コロナ「禍」をコロナ「渦」と読み間違い(写真はイメージ)
  • 言い間違いを反省する岡田健史さん(インスタグラムのストーリーズより)

「コロナうず」はトレンド入り

   岡田さんは18年放送のドラマ「中学聖日記」(TBS系)でデビューした21歳。21年にはNHK大河ドラマ「青天を衝け」への出演を予定するなど、注目の若手俳優だ。

   この日は10月9日公開の出演映画「望み」で、主題歌を歌う森山直太朗さんとともに出演。MCのハリセンボン・近藤春菜さんから映画について聞かれると、

「今のコロナうずの中で、こういった作品が出る意味が、すごく僕は...重いというか...いろんな意味があると思います」

   とコメント。岡田さんは新型コロナウイルスによってもたらされた災いを指す「コロナ禍(か)」の「禍」を「渦(うず)」と間違えたものとみられる。

   この「言い間違い」を受け、日本のツイッター上では「コロナうずって読んでるのかわいいwww」という声や「コロナうず」という名の渦に巻き込まれる岡田さんのイラストなどが投稿され話題に。番組放送後には「コロナうず」がトレンド入りを果たした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中