2020年 11月 1日 (日)

菅首相「パンケーキ記者懇談会」 朝日、東京新聞「不参加」にネットで賛否

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   菅義偉首相が開いた番記者との懇談会について、朝日新聞や東京新聞などが参加を断ったことで、取材のあり方を巡ってインターネットで議論になっている。

   パンケーキと言えば、菅氏の大好物だ。自民党の総裁選でも、各候補の好物が話題になり、菅氏が総理になれば、忙しくて店に行けなくなるのではと心配する声すらあった。

  • パンケーキを味わう官房長官時代の菅氏(インスタグラムから)
    パンケーキを味わう官房長官時代の菅氏(インスタグラムから)
  • パンケーキを味わう官房長官時代の菅氏(インスタグラムから)

朝日「懇談ではなく記者会見などできちんと説明して」

   そんな中で、菅氏は、パンケーキが政権のイメージ戦略に役立つと着目したのかもしれない。内閣記者会に所属する記者を集めて、2020年10月3日朝に開いた懇談会の会場がパンケーキで有名な店だった。

   時事通信の首相動静によると、菅氏は、東京・神宮前のレストラン「Eggs'n Things原宿店」で約1時間半にわたって、番記者と食事を取りながら懇談した。メディアの報道などでは、数十人が参加してオフレコで行われたという。10月10日にも、2回目の懇談会が開かれる予定で、内閣記者会の全員が参加できるようにした異例の形だそうだ。

   ところが、この懇談会に、マスコミ数社が欠席したと伝えられている。

   そのことを発表した社もあり、朝日新聞社は3日、記者が欠席したことをウェブ版記事で明かし、その理由をこう書いた。

「首相は日本学術会議の新会員に6人を任命しなかった問題をめぐり『法に基づいて適切に対応した結果です』と記者団に答えるにとどめています。朝日新聞は、首相側に懇談ではなく記者会見などできちんと説明してほしいと求めています。首相側の対応が十分ではないと判断しました」

   また、東京新聞も同日、記者の欠席を認め、次のように説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中