2020年 10月 31日 (土)

高橋英樹、孫のシッター挑戦も泣かれ困惑 「こっちが泣きたいなあ」

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   俳優の高橋英樹さんが、娘でフリーアナウンサー・高橋真麻さんの長女の子守りに挑戦したことを明かした。

   真麻さんは2020年5月1日に第1子を出産。高橋さんは初孫を溺愛している。

  • 孫の「シッター」を報告
    孫の「シッター」を報告
  • 孫の「シッター」を報告

「次回のじいじ独占タイムは頑張るぜ!」

   高橋さんは10月5日にブログを更新し、

「昨夜無事に孫ちゃんシッターをこなしました」

と孫のシッターに挑戦し、無事終えたことを告白。

   ソファーに寝かされた孫の手を握っている笑顔の自身の写真を披露。しかし、

「孫ちゃん独占の巻! は大成功!と思いきや」
「いいえ!(残念ながら)やはり私が抱くとここぞ!とばかり大泣きするのです(泣)」

とシッター中、抱っこした孫に泣かれてしまったという。

   愛する孫に泣かれてしまった高橋さんは、

「こっちが泣きたいなあ」

とぼやきつつ、

「そばであやすのは大成功!でした」

と、抱っこはしない状態であやすのは成功したと報告。これに懲りず、

「次回のじいじ独占タイムは頑張るぜ!」

と前向きにつづっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中