2020年 10月 29日 (木)

「かぜの時は、お家で休もう!」「大切ですよ、無理しない勇気」 風邪薬の広告コピーに変化

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   医薬品メーカー2社が、風邪薬の広告メッセージの"刷新"に踏み切った。

   風邪薬の広告といえば、これまでエスタックの「風邪でも、絶対に休めないあなたへ」をはじめ、症状を抑えて仕事に励もうと促す訴求が目立った。しかし、シオノギヘルスケアの「パイロンPL」シリーズ、興和の「コルゲンコーワIB錠TXα」では、「休息」の重要性を伝える内容に変更した。

   背景には、これまでの反省や社会情勢の変化があった。

  • (上)「コルゲンコーワIB錠TXα」CM/(下)「パイロンPL錠」広告
    (上)「コルゲンコーワIB錠TXα」CM/(下)「パイロンPL錠」広告
  • (上)「コルゲンコーワIB錠TXα」CM/(下)「パイロンPL錠」広告

従来の風邪薬広告、何が問題?

   「忙しいあなたにもおすすめ」「カゼをひいても、仕事を休めないあなたへ」「自分にしかできない仕事があるから」「さぁ、かぜと闘い続けてやろうじゃないか」――。風邪薬の広告では、風邪の症状を抑えて仕事を頑張ろう、との趣旨のフレーズが頻繁に登場する。

   その代表格が、風邪薬「エスタック」が2015年から展開したコピー「風邪でも、絶対に休めないあなたへ」。体調不良でも仕事を休めない、休むべきでない、といった労働環境や価値観を反映させたとみられるが、そうした慣習を強化・再生産していると消費者の反発も根強かった。

   販売元のエスエス製薬は16年にJ-CASTニュースの取材に「仕事をしている人限定のメッセージだと受け取る方もいるようですが、私たちの思いとしては誰でも外せない日はあると思います。そんな日に風邪をひいてしまった時のために 『OTC(一般向け)医薬品をお役立て頂きたい』です、というメッセージなんです」と意図を説明していた。

   しかし、テレビCMとキャンペーンの終了を理由に20年3月までにコピーは変更され、同社は「今後とも皆様の生活にお役立ちできる製品開発・販売を行うとともに、わかりやすく、安心感をお伝えしていけますよう努力してまいります」と取材に答えていた。現在は「しっかり治したい。風邪に即効」となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中