2020年 10月 29日 (木)

「東京さくらトラム」命名3年半でも定着せず 「都電荒川線」前面に出す例も...「愛称を諦めた」?

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   東京都内の1路線のみ走る都電には「東京さくらトラム」という愛称がついている。正式な路線名は「荒川線」だったが、2017年4月に東京さくらトラムの愛称が決まった。

   ところが、命名から3年半が経っても未だに「都電荒川線」と「東京さくらトラム」が東京都の公式な表記ですら並立し、愛称が定着しているかどうかは微妙なところだ。

  • 「都電荒川線」か「東京さくらトラム」か
    「都電荒川線」か「東京さくらトラム」か
  • 「都電荒川線」か「東京さくらトラム」か

「さくらトラム」「荒川線」の優先順位が逆転?

   東京都交通局は都電荒川線の愛称を2017年3月17日から4月7日まで公募した。4月28日に発表された愛称は「東京さくらトラム」に決まった。

   もともと愛称は交通局により「東京〇〇トラム」になることが既定路線で、最多得票の「さくら」が採用された。しかし愛称への、特に鉄道ファンからの反応はいま一つだった。それでも「東京さくらトラム」は交通局のプレスリリースや出版物、駅の乗り換え案内に使われていた。東京メトロやJR東日本でも、都電との乗換駅では新しくつけられたサインや放送では「東京さくらトラム(都電荒川線)」と表記するケースが多い。

   ところが、2020年10月にこれまで「東京さくらトラム」を優先してきたはずの東京都交通局が「後退」した様子である。9月まで荒川線にまつわるプレスリリースは「東京さくらトラム(都電荒川線)」だったが、10月1日に公表された都電のグッドデザイン・ロングライフデザイン賞受賞のニュースについて「都電荒川線がグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞」というタイトルで、本文では「東京都交通局が運営する都電荒川線(愛称「東京さくらトラム」)」と表記している。これまでも「都電荒川線」の表記を一掃するには至っておらず、当の交通局も「東京さくらトラム」と「都電荒川線」でどっちつかずの姿勢でいるようだ。口の悪い鉄道ファンからは「ついに『東京さくらトラム』の愛称を諦めた」という感想も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中