2020年 10月 23日 (金)

DeNA守護神・山崎康晃は輝きを取り戻せるのか 元コーチが懸念する「遅すぎた抹消」、そして「これからは...」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球DeNAの山崎康晃投手(28)が不振にあえいでいる。2020年シーズンは開幕からクローザーを任されたものの、低迷が続き7月下旬にセットアッパーに配置転換。10月8日には出場選手登録を抹消され2軍落ちとなった。

   DeNAのかつての守護神は再び輝きを取り戻すことが出来るのか。J-CASTニュース編集部は、横浜ベイスターズで1軍投手コーチを務めた齊藤明雄氏(65)に分析してもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「今シーズンの山崎投手のフォームをみると...」

   今シーズンの山崎は、出場選手登録を抹消されるまで39試合に登板し、0勝3敗6セーブ8ホールドで防御率は5.84。齊藤氏は今シーズンの山崎の投球について「良い時と比較して真っすぐはそれほど変わらない」と指摘した上で次のように語った。

「今シーズンの山崎投手は、ボールが先行して苦しくなって打者に球を見られて待ち球を打たれるパターンが多かった。球種が少ないので打者に待たれやすく、キレが悪くなると真っすぐとツーシームのどちらか一本に絞られてしまう。今シーズンは体の開きが少し早いように感じ、その分、打者が見やすくなり球が落ちないと打たれてしまう」(齊藤氏)

   また、齊藤氏は今シーズンの山崎の投球フォームの変化を指摘。これがコントロールを乱すひとつの要因であると分析する。

「私も現役時代に経験したが、投手というのは、常に同じフォームで投げているつもりでも腕の角度だったり、足の上げ方だったり毎年フォームが違ってくる。今シーズンの山崎投手のフォームをみると、左足を上げるスピードが昨シーズンと比べて少しゆったりしていて力が入っていないように見える。調子がいい時は、いったん足を上げ膝が一度止まるような感じでスピードがあったが、今年はそれが見られない。投げる時にパワーがうまく伝わらず、上体を振ろうとしても振れずコントロールがばらついてしまう」(齊藤氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中