2020年 11月 30日 (月)

ロマチェンコ敗戦の採点は妥当? 米専門メディアはロペス支持、ロシア連盟は「ワシルが明らかに...」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   ボクシングの世界ライト級4団体王座統一戦が2020年10月17日(日本時間18日)、米ラスガスで行われ、IBF王者テオフィモ・ロペス(23)=米国=が3団体王者ワシル・ロマチェンコ(32)=ウクライナ=を3-0の判定で破り世界ライト級4団体統一に成功した。アグレッシブな戦法でロマチェンコの技術に打ち勝ったロペスは、史上5人目となる世界4団体統一王者となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

10ポイント差が米国内で物議かもす

   今年度最高といわれたビッグマッチは、23歳の若きファイターに軍配が上がった。試合はフルラウンドまでもつれ込み、3人のジャッジはそれぞれロペスを支持。判定は割れることなく、116-112(4ポイント差)、117-111(6ポイント差)、119-109(10ポイント差)の3-0だった。判定はともかく、10ポイント差の採点に関しては、両者のプロモーターであるトップランク社のボブ・アラム氏が異議を申し立てており、米国内で物議をかもしている。

   ボクシング関係者による戦前の予想は、ロマチェンコ勝利に大きく傾いていた。ロマチェンコは「ハイテク」と称されるほど高いボクシング技術を持っており、米国の権威ある老舗専門誌「ザ・リング」が格付けする最新のパウンド・フォー・パウンド(PFP)では2位にランク。ちなみに1位は、世界ミドル級、スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(メキシコ)で、井上尚弥(大橋)は3位にランクインしている。

   約400戦のアマチュアキャリアを誇り、五輪連覇を成し遂げ世界屈指の防御技術を持つロマチェンコ。対するロペスは五輪出場の経験を持つがメダルを獲得しておらず、プロキャリアでは2019年12月にIBF王座を獲得したばかり。戦前、ロペスの番狂わせを予想する関係者の多くは、ロペスの右がロマチェンコの顎を捕らえてのKO勝利を予想しており、判定でロペスが勝利するという声は少なかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中