2020年 11月 26日 (木)

井上尚弥よりロマゴン優先 ドネアがスーパーフライ級「王座獲得」を再び目指す理由とは

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   ボクシングの世界5階級制覇のノニト・ドネア(37)=フィリピン=が、WBA世界スーパーフライ級王者ローマン・ゴンサレス(33)=ニカラグア=との対戦を熱望している。ドネアは2020年12月12日(日本時間13日)に米国でWBC世界バンタム級王者ノルディーヌ・ウバーリ(34)=フランス=に挑戦する予定で、タイトル戦勝利を見据えてロマゴン戦を熱望している。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

完全なる世界5階級制覇の達成を...

   海外の専門メディア「Boxing Scene」によると、ドネアはウバーリとのタイトル戦後に階級をひとつ下げてスーパーフライ級で王座を目指すという。現在、世界のスーパーフライ級はロマゴンをはじめとし、ファン・フランシスコ・エストラーダ(WBC=メキシコ)、井岡一翔(WBO=Ambition)、ジェルウィン・アンカハス(IBF=フィリピン)ら強豪王者が君臨。その中でドネアはかつての最強王者ロマゴンを指名した。

   ドネアは2007年7月にIBF世界フライ級タイトルを獲得。この王座を3度防衛した後、09年8月にWBA世界スーパーフライ級暫定王座決定戦で勝利し同王座を獲得した。11年2月にはバンタム級、12年2月にはスーパーバンタム級を制し、14年5月にフェザー級王座を獲得して世界5階級制覇を達成。ここ3戦はバンタム級でリングに上がっており、19年11月の井上戦が最後のリングとなっている。

   フライ級からフェザー級まで制したレジェンドが、今になってなぜあえて階級を下げてスーパーフライ級のベルトを狙うのか。「Boxing Scene」によると、ドネアがスーパーフライ級時代に獲得したのは暫定王座だったため、スーパーフライ級の正規王座を獲得することで完全なる世界5階級制覇の達成を目指すという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中