2020年 11月 25日 (水)

井上尚弥「世界最強」王手! 複数海外メディアでPFPトップに肉薄

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   ボクシングの複数の海外専門メディアが2020年10月22日までに独自のパウンド・フォーパウンド(PFP)を更新し、WBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=が上位を独占している。井上は10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスでジェイソン・モロニー(29)=オーストラリア=を相手に防衛戦を予定しており、タイトル戦の内容次第では世界最強王者となる可能性が出てきた。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

敗北のロマチェンコの評価が急落

   PFPとは体重差がないと仮定して全階級のボクサーを格付けするもので、海外の専門メディアは独自のPFPランキングを作成している。ランキングの更新はそれぞれ不定期ながらPFP上位にいるボクサーの試合が行われた後に更新される傾向にある。今回はPFP上位のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が10月17日の王座統一戦で敗れたため、海外の専門メディアのPFPランキングが一斉に更新された。

   専門メディアのなかで世界中のボクシングファンが注目するのは、米国の権威ある老舗専門誌「ザ・リング」のランキングだ。「ザ・リング」(WEB版)はロマチェンコの試合直後にランキングを更新。最新のランキングではロマチェンコは2位から7位に落ち、ロマチェンコに勝利したテオフィモ・ロペス(米国)は6位にランクイン。3位につけていた井上は2位に浮上し、1位はサウル・アルバレス(メキシコ)で変わらず。

   「ザ・リング」に続いて英国の老舗専門誌「BOXING NEWS」(WEB版)がPFPランキングを更新。ここでも井上はアルバレスに次いで2位にランクされた。「BOXING NEWS」の最新のPFPランキングでは、3位にテレンス・クロフォード(米国)がランクされ、ロマチェンコは6位に急落。ここでもロマチェンコを破ったロペスの評価は高く、5位にランクインした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中