2021年 1月 17日 (日)

大学院教授が学生にレーザーポインター照射か 神戸大が調査委設置へ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

教授は、事務を通して、「忙しいため取材をお断りしたい」

   工学研究科の事務部に10月23日に取材して聞いたところによると、学生から被害の訴えが出ていたことから、研究科長がこの日、学生にヒアリングして状況を聞いた。

   学生からは、第3者を含めた調査委員会を設置するよう要望があったため、この日に設置を決めた。今後は、委員を選んで、委員会を発足させ、事実関係を確認していくとしている。

   事務部長は、「教授からは、まだ詳しい話を聞いていませんので、レーザーポインター照射が意図的なものか、たまたまだったかは分からないです。学生には、調査の結果を通知しますが、公式サイトなどで発表するかは状況によります」と話している。

   学生は、警察にはまだ相談していないと話しており、事務部でも、警察の捜査はないとしている。

   教授に電話して話を聞こうとすると、研究科の事務を通して、「忙しいため取材をお断りしたい」と伝えてきた。J-CASTニュースでは、メールでも取材依頼している。

   過去には、大阪府立大学の外部講師が2019年6月、講義中の居眠りに怒って学生にレーザーポインターを照射し、大学が「由々しき行為」だとして公式サイトで学生らに謝罪したケースがある。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中