2021年 1月 17日 (日)

日本はなぜ核兵器禁止条約を批准できないのか 野党も「理解」しているその理由

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

公明、批准留保は「現状でやむを得ない面もある」が「それでも積極的に関与」を

   維新、公明、立憲は、締約国会議にオブザーバーとして参加すべきだとした。維新の馬場伸幸幹事長は、日本が保有国と非保有国の「橋渡し」を唱えていることを念頭に、

「被爆国の日本としては、役割は非常に重要だと思う。今後予定されている締約国会議には出席できるということなので、是非日本もこの会議には出席して、自らの役割を果たしていただきたい」

と発言。公明党の石井啓一幹事長は

「日本政府が現状では批准を留保しているという状況で、それは現状でやむを得ない面もあるとは思うが、それでも積極的に関与していただきたい」

として、オブザーバー参加以外にも、締約国会議を広島や長崎に誘致することを求めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中