2020年 11月 25日 (水)

「不妊の一番の理由は堕胎」デヴィ夫人発言が物議 「事実と異なる」番組謝罪も、本人は反論

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   デヴィ夫人ことタレントのデヴィ・スカルノさんが、「不妊の一番の理由は堕胎」だとして、人工妊娠中絶を禁じるよう求める発言を生放送のテレビ番組で行い、物議を醸している。

   番組では、アナウンサーが時間内に「事実と異なる発言があった」と謝罪した。デヴィ夫人は、誤りを一部認めたが、発言は撤回しなかった。

  • デヴィ夫人(2017年8月撮影)
    デヴィ夫人(2017年8月撮影)
  • デヴィ夫人(2017年8月撮影)

中絶について、「絶対に禁じりゃいいんですよ」

   関西テレビで2020年10月24日に放送されたバラエティ番組「胸いっぱいサミット!」で、菅義偉首相が掲げる不妊治療の保険適用拡大に話題が及んだときだ。

   元プロレスラーの北斗晶さんが、友人が治療を受けたがお金がかかるとして、政府の補助を歓迎する意見を述べると、デヴィ夫人は、その考えに同意したうえで、こう持論を述べた。

「それよりも前に、日本の女性たちに、掻爬(そうは)をさせないことが一番よい。不妊になる一番の理由は、妊娠して子供を産みたくないって言って、掻爬のことなんて言う?」

   掻爬とは、中絶の方法の1つで、子宮内の胎児を体外に出す手術を指す。他の出演者が中絶の別称「堕胎」のことだと伝えると、デヴィ夫人は、こう続けた。

「あれを絶対に禁じりゃいいんですよ。皆さん知らないけれど、不妊になるのはあの堕胎が原因です。掻爬といって子宮の中を掻くわけですよ。だから先生によっては、もう傷をつけちゃう子宮内に。そうすると絶対に着床しないんですよ」

   ここで、番組のアナが「一部そういった考え方もありますよね」と説明を加えると、「わたくし絶対正しいです!」と反論した。別の出演者が「堕胎をしていなくても不妊になっている方たくさんいらっしゃいます」と言うと、「でも、それはウソです。前に付き合っていた男の人とそういうことにあって、もう堕胎しましたということを言えないじゃないですか、女性は。隠してますよ、全員が」とさらに弁明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中