2020年 11月 25日 (水)

秋葉原駅前のアドアーズも閉店へ コロナ禍の現状を地元商店街に聞いた

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   人気アニメの広告がビルの外壁に掲げられるなど秋葉原駅前で親しまれたアミューズメント施設のアドアーズ秋葉原店(東京都千代田区)が、近く閉店する予定になった。

   駅前周辺の一等地では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあってか、大型店の閉店も相次いでおり、ツイッター上などで寂しがる声が出ている。

  • アニメの広告が掲げられたアドアーズ秋葉原店(写真は、ツルミロボ@kaztsuさん提供)
    アニメの広告が掲げられたアドアーズ秋葉原店(写真は、ツルミロボ@kaztsuさん提供)
  • 店頭に貼り出された「閉店のお知らせ」(写真は、ツルミロボ@kaztsuさん提供)
    店頭に貼り出された「閉店のお知らせ」(写真は、ツルミロボ@kaztsuさん提供)
  • アニメの広告が掲げられたアドアーズ秋葉原店(写真は、ツルミロボ@kaztsuさん提供)
  • 店頭に貼り出された「閉店のお知らせ」(写真は、ツルミロボ@kaztsuさん提供)

セガやツクモといった大型店が8月末で閉店

「当店は諸般の事情により、下記日時をもちまして閉店致します」

   アドアーズ秋葉原店には、こんな貼り紙が出されたと、秋葉原の情報発信をしているツルミロボ(@kaztsu)さんが2020年10月27日にツイッターに写真を投稿した。28日現在、5000件ほどもリツイートされ、話題になっている。

   「閉店のお知らせ」と題した貼り紙などによると、3~10階のカラオケ施設は、6階以上のひとりカラオケフロアが20日に閉店し、それ以外も31日に閉店する。また、UFOキャッチャーなどプライズゲーム専門フロアの1、2階も11月8日に閉店する。ただ、隣接するプライズゲーム専門の2号店は営業を続ける予定だ。

   アドアーズは、アミューズメント施設「楽市楽座」などを運営するワイドレジャー(福岡県)傘下の企業で、カラオケやゲームセンターを運営している。

   秋葉原駅前と言えば、かつては電気街として世界的に知られ、その後は、アニメ・ゲーム店が多数出店する「オタクの聖地」とも呼ばれた。

   ところが、コロナ禍に見舞われてから、セガ秋葉原2号館やヤマダ電機傘下のツクモ秋葉原駅前店といった大型店舗が8月末に閉店し、老舗の飲食店やメイド喫茶も店を畳むなど、状況が変わってきている。

   アドアーズの担当者は10月28日、J-CASTニュースの取材にこう話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中