2020年 11月 27日 (金)

「続投批判」覆せるか CS出場賭け、最後の戦いに挑む楽天・三木監督への「厳しい評価」

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   2020年10月26日のドラフト会議で4球団が競合した大学生No.1左腕の早川隆久(早大)の交渉権を楽天の石井一久GMが引き当てた。その瞬間に別室で見守った三木肇監督はスカウト陣と大喜びしていたが、ファンの心をつかんでいるとは言えない。

   三木監督は就任当初から逆風にさらされていた。

  • ロッテと正念場の戦いに挑む
    ロッテと正念場の戦いに挑む
  • ロッテと正念場の戦いに挑む

序盤戦は首位を快走したが...

   18年に監督代行を務め、昨年は球団の生え抜きで史上初の監督に就任した平石洋介(現ソフトバンク一軍打撃兼野手総合コーチ)が前年度の最下位から3位に躍進したにも関わらず1年限りで退任。ファンからの支持が高かったが、「二軍統括」のポストを断ってチームを去った。後任に託されたのが石井GMとヤクルト時代の同僚で、楽天の二軍監督から内部昇格した三木監督だった。

   昨オフは鈴木大地をFAで獲得し、涌井秀章、牧田和久も加入。オリックスを退団したロメロも獲得するなど派手な補強で話題になった。

   優勝候補に挙げられた三木監督就任1年目の今季。開幕して1カ月は首位を快走したが、その後は失速する。9月上旬以降は勝率5割前後を行き来し、優勝争いから脱落した。昨年はリーグワーストタイの48盗塁。三木監督は「走塁改革」を提唱していたが、今季も63盗塁と10月29日時点でリーグワーストと効果が出ているとは言えない。

   もちろん走塁は盗塁数だけで測れるものでない。525得点、チーム打率.260はいずれもリーグトップだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中