2020年 11月 27日 (金)

FA戦線、今年も争奪激しく? 首位打者狙うDeNA梶谷が急浮上...投手陣にも実力派が

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   プロ野球の各球団が来シーズンへ向けてのチーム編成に着手している。2020年10月26日にドラフト会議を終え、次なる戦力補強となるのはフリーエージェント(FA)。新型コロナウイルスの影響で海外からの補強が例年になく厳しい状況にあるなか、今オフのFA戦線はいかなる展開をみせるのか。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

梶谷は守備範囲とパンチ力が大きな魅力

   今オフのFA戦線の目玉となるのは、ヤクルト・山田哲人内野手(28)と中日・大野雄大投手(32)の2選手だろう。2選手ともに実績は十分で、FA権を行使すればセ・パ両リーグを巻き込んでの争奪戦になることは必至だ。とくに山田は28歳という年齢も大きな魅力で、長期的な活躍が見込まれる。

   両者の今シーズンのここまでの成績をみると、山田が本来の力を出し切れずにいる。10月29日時点で87試合に出場し打率.258。本塁打は12本、打点は「51」にとどまっている。一方の大野は19試合に登板して10勝6敗。防御率は実に1.91で、巨人の菅野智之投手(31)と沢村賞争いを繰り広げている。

   山田、大野に話題が集中しがちのFA戦線だが、ここにきて存在感を見せているのがDeNA梶谷隆幸外野手(32)だ。9月に入ってから急激に打率を上げ、10月29日時点でセ・リーグの打率部門で打率.331でトップに立っている。ケガの多さが不安材料となるものの、広い守備範囲とパンチ力は大きな魅力だ。山田、大野に比べ年俸(7400万円=金額は推定)は抑えられており、こちらも争奪戦が予想される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中