2020年 11月 25日 (水)

原巨人がリーグ連覇を達成した理由 元コーチ「組織はトップの力量以上には成長しない」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   プロ野球の巨人がリーグ優勝を決めた。今年は新型コロナウイルスの影響で開幕が大幅に遅れる異例のシーズンとなったが、シーズン序盤から原辰徳監督(62)指揮のもと安定した力を見せリーグ連覇を達成した。2位以下を突き放して連覇を成し遂げた原巨人。J-CASTニュース編集部は、巨人の戦略コーチを務めた橋上秀樹氏(54)に今シーズンの巨人の強さを分析してもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「チーム全体の数字に派手さはないが僅差に強い」

   今シーズンは開幕から4連勝を飾り、開幕直後の6月を7勝2敗1分で走り抜けスタートダッシュに成功。7月中旬には7連勝をマークするなどチームは一気に上昇気流に乗った。

「今年の巨人をみると、1点をしっかり取り、1点をしっかり守る野球本来の形が徹底されていた。チーム全体の数字に派手さはないが僅差に強い。僅差で勝っているということは投手力であったり守備力、機動力。どちらかといえばディフェンス面ですね。これが今年の巨人の強み。これが明らかに他球団と違った。ベンチワークも冴えていたし、それに応える選手の力量もありました」(橋上氏)

   橋上氏は巨人が他球団を圧倒した要因のひとつに若手の積極起用をあげ、原監督と阿部慎之助2軍監督(41)のスムーズな連携によって若手が活躍しやすい環境を提供することが出来たと指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中