2020年 11月 27日 (金)

タイツメーカー・アツギのツイッター企画に批判 きわどいイラストや表現に「不快」

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   タイツメーカー・アツギの公式ツイッターアカウントが実施した企画「#ラブタイツ」が、物議を醸している。

   11月2日は日本記念日協会が制定する「タイツの日」。これを記念し、さまざまなイラストレーターに描いてもらったという「同社商品を着用した女性キャラクターイラスト」をRTや引用RTで紹介した。その中で「素敵なイラストばかりで、動悸がおさまらない中の人。みんな可愛くないですか」とツイートしたことが発端となった。

  • 「タイツの日」にアツギの企画が炎上(画像はイメージ、本文とは関係ありません)
    「タイツの日」にアツギの企画が炎上(画像はイメージ、本文とは関係ありません)
  • 11月2日のアツギ公式アカウントの投稿(画像はスクリーンショット)
    11月2日のアツギ公式アカウントの投稿(画像はスクリーンショット)
  • 「タイツの日」にアツギの企画が炎上(画像はイメージ、本文とは関係ありません)
  • 11月2日のアツギ公式アカウントの投稿(画像はスクリーンショット)

「性的な目で見られるの勘弁してほしい」

   「#ラブタイツ」ハッシュタグ付きで投稿されたイラストには「明らかにきわどい」、「股間が見えそうなほど太股見せてる絵も多くてタイツがちっともメインじゃない」といった声が寄せられている。「タイツ」が主役のため、足にスポットを当てている絵が多い。下着が見えそうになっているものもある。

   これらのイラストや、「動悸がおさまらない」という表現から「性的な目線」を感じたとする人が多い。

「主にタイツを買うのは女性でしょ。女性がタイツをはくのは、世の男性に性的に見られたいからだとでもお思いで?」
「こちとら防寒のために履いてるのにそういう性的な目で見られるの勘弁してほしいです」

と、不快感をあらわにする人が後を絶たない。「もうアツギの商品は買わない」といった厳しい声も飛び出している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中