2020年 11月 26日 (木)

マザーズ上場企業、「漫画ネタバレ」サイトを2億超で買収 投資家驚き、リアルワールドの狙いは?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東証マザーズ上場のIT企業「リアルワールド」(東京都渋谷区)は2020年11月2日、漫画紹介サイト「漫画大陸」を2億2000万円で買収したと発表した。

   同サイトはいわゆる"ネタバレ"記事を多数配信しており、投資家の間では驚きが広がっている。買収の狙いを聞いた。

  • 漫画大陸
    漫画大陸
  • 成長戦略イメージ
    成長戦略イメージ
  • 漫画大陸
  • 成長戦略イメージ

今期は売上1億超えを見込む

   漫画大陸はIT企業「プルチーノ」(北海道札幌市)が運営していた。同社公式サイトによれば、18年3月設立で、従業員1人、資本金50万円のスタートアップだ。漫画大陸のほか、アニメ、映画、Wi-Fi(ワイファイ)サービス、プログラミングなど特定のテーマに絞ったメディアを20以上運営している。

プルチーノの主な運営メディア
プルチーノの主な運営メディア

   漫画大陸は「人気のオススメ漫画からニッチで楽しい漫画までネタバレや感想情報が満載!漫画村の代わりに無料で漫画が読めるサービスや情報も随時更新しています」と宣伝するように、漫画雑誌の連載内容や電子書籍配信サービスの紹介記事を投稿している。

   「漫画作品のネタバレ情報をタイムリーに更新を行っておりますが、全て公式で運営されている電子書籍サービス等へ導線を貼っております」とも説明する。ネタバレ記事は18年10月以降、1万本以上投稿されている。

ネタバレ記事
ネタバレ記事

   リアルワールドの発表によれば、漫画大陸の月間PV(ページビュー)数は約600万、UU(ユニークユーザー、利用者)数は約240万人で、20年10月期の売り上げは1億1500万円、営業利益は1億300万円を見込む。買収額は営業利益の約2倍の2億2000万円。

   買収の知らせに投資家向け掲示板では好感する向きが少なくなかったが、「上場している会社がネタバレサイト扱っていいの?」とコンプライアンス(法令順守)面での懸念も漏れている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中