2020年 11月 27日 (金)

「半沢直樹」っぽい演技を意識? 「危険なビーナス」の「土下座&顔芸」が話題

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   俳優の妻夫木聡さん主演のドラマ「危険なビーナス」(TBS系)第5話が2020年11月8日、放送された。

    原作は東野圭吾さんの同名小説。ある日、主人公・手島伯朗(妻夫木さん)のもとに、異父弟・矢神明人(染谷将太さん)の妻を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子さん)が突然現れ、明人が失踪したことを聞かされる。この事件をきっかけに、伯朗は縁を切っていた矢神家と再び顔を合わせることに。そして、故人・矢神康之介(栗田芳宏さん)の遺産をめぐる争いに巻き込まれていく。

  • 吉高由里子さん(2012年撮影)が「危険なビーナス」で「謎の美女」を演じている。
    吉高由里子さん(2012年撮影)が「危険なビーナス」で「謎の美女」を演じている。
  • 吉高由里子さん(2012年撮影)が「危険なビーナス」で「謎の美女」を演じている。

「聞こえなーい!」

   第5話では、康之介の次女・祥子(安蘭けいさん)が本性を露わに。遺産を全て手に入れるため、康之介の長男で矢神家の現当主、そして現在は末期がんで寝たきりの状態になっている康治(栗原英雄さん)の殺害を企てる。夫・隆司(田口浩正さん)の不倫相手で、康治の専属看護師・杏梨(福田麻貴さん)と、矢神家の使用人兼執事で、自身の不倫相手である君津(結木滉星さん)に命令を下し、計画的に康治を殺害しようというのだ。

   そんな中、何も知らない隆司は、康治が治療を受けている部屋で、杏梨とイチャイチャ。そこへ、部屋に潜んでいた祥子が突然登場したため、隆司は慌てふためく。祥子は、隆司が大事に経営している介護施設「矢神園」の権利書を手に、隆司を詰問。「(矢神園の)名義は誰になってる?」と聞かれた隆司が、力弱く「君...」と答えると、祥子は「聞こえなーい!」と声を張り上げで脅しにかかった。

   隆司は土下座をして謝罪を試みるも、祥子は意に介さず、康治殺害計画を明かして、隆司にも協力するよう強制する。祥子は「私達は、ミッションをやり遂げるチームよ、One Team!」などと、不敵な笑みを浮かべながら恐るべき計画の概要を話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中